木net(きーねっと)内検索

木netのロゴ画像

木の匂いでダニを防ぐ

木材と健康 > 1.木材と健康 > 木の匂いでダニを防ぐ

殺ダニ成分を含むヤクスギの切り株(土埋木)

 室内に増え続けるダニをどうやって防ぐかは大きな問題です。増え続けるダニが喘息などの原因となって健康阻害を引き起こすからです。効き目の強い合成殺ダニ剤も市販されています。しかし、室内で使うには合成品では安全性の面で不安が残ります。特に何も分からず口にしてしまう小さな子供がいる家などでは心配です。
 そこで、比較的安全性の高い植物から殺ダニ作用やダニの繁殖を抑えるような成分を取り出して利用しようという試みが最近なされています。殺ダニ成分などダニに作用する成分の植物からの発掘が積極的に進められています。木の成分にもそのような働きがあり、最近では木のにおい成分の殺ダニ作用が見いだされています。
 屋久島に生育するヤクスギは千年以上の樹齢をもつ大木ですが、このヤクスギが数百年前の江戸時代に伐採され、その切株が今でも屋久島には腐らずに残っています。木材腐朽菌に強い抗菌性物質や害虫に食われにくい殺虫成分をたくさん含んで入るので数百年を経てもそのまま残っているわけです。
 ところがこのヤクスギに含まれるにおい成分、いわゆる精油成分には室内塵ダニに対して強い殺ダニ作用があることが分かりました(図1)。
 ヒバ材、タイワンヒノキ材のにおい成分はそれぞれ0.2%、0.1%の濃度で、室内塵ダニの繁殖を抑える働きがあります。この濃度はそれぞれの材に含まれるにおい成分の濃度より低い濃度です。このことは、ヒバ材、タイワンヒノキ材がダニの繁殖を抑えるのに効果があることを示しています。
 用材としてよく用いられるヒノキ、ベイヒバ、ベイスギ、アカマツなどのにおいにも強い殺ダニ作用があります(図2)。

図1 ヤクスギ土埋木精油のヤケヒョウヒダニに対する殺ダニ活性
(谷田貝光克、木材学会誌、37,352(1991))

図2 木材精油成分の殺ダニ活性
精油を1cm2当たり32μg濾紙にしみこませた上でダニを飼育したときの殺ダニ率
(谷田貝光克、臭気の研究、27,260(1996))