平成17年9月6日
(財)日本木材総合情報センター
9月の木材価格・需給動向
1.国産材(北関東)
 栃木は、原木安値で山元生産足踏み状態。入荷は新材の伐採時期を迎え期待出ている。間伐材は公共工事が発注され、荷動き出るも価格は厳しい。製品価格悪くそれに関連して荷動きは今ひとつの様子である。市では出材量の減少もあり元落ち少ない。群馬は、原木価格低迷で民有林の出材減少も特に問題出ていない。工場操業は多少の回復傾向が見られるが依然厳しい。製品受注・販売の見積多少でているが、本格的な仕事に連携していない。

2.米材
米国南部のサザン・イエロー・パイン生産地帯でハリケーンの甚大な被害が発生した。7月の住宅着工数前月比微減ながら依然高水準を維持するも製品市況は供給過剰から値下げの様相。また輸出用丸太は北米市場好調で価格も上昇し、適材丸太は確保し難い状況。8月の産地港頭在庫は低水準で、4,275万スクリブナー(約19万2千m3)で前月比3%の増。ウェアハウザー社の9月積み米マツISソートは785ドルで前月据置き。米材丸太の8月入荷は低位ながらも順調で、出荷は横ばい、在庫は増加気味である。米マツ現地挽既製品の供給減で国内挽きへシフトしている 。大型港湾製材工場は、構造材、割物製品を、荷動き回復感と燃料等コスト高からグリーン材も含め2,000円の値戻し模様。また内陸部製材工場は、製材品の売行不振から一段と厳しい当用買いが続いている。
 米材製材品の入荷、出荷、在庫いずれも減少気味である。トラックストの影響で7月の荷動きは大幅な減少、8月はバルク船へ切り替え回復も、年内は減少傾向の見込み。なおカナダの日本向工場は日本市場低迷の長期化から、インターフォー社(一部工場を除く)も米国向けに切替えの動き。
 産地価格は米国国内向け全面高、日本向けは数量を縮小して、価格据置きながら、コスト上昇で値上げオファー必至である。

3.南洋材
サバ州は天候回復し、伐出順調。また消費国からの引き合いが減少していることもあり、原木価格は弱含みとなっている。しかしマレーシア国内向け原木価格は輸出向けほどの下げなく、製品コストアップは必至で、特に日本向け商談は不調になっている。サラワク州は天候おおむね良好。期待していたようには伐出量の増加なく、また港頭在庫も減少しているが、消費国特に日本からの値下げ要求強くメランティの相場は弱含みとなってきている。PNG、ソロモンは引き合い減少してきて原木相場は弱含みである。丸太は入荷、出荷が減少気味で、在庫は増加気味となっている。製材品は全般的に低迷しているが、桟木、棒類および2等平割類等の比較的安価な製品の荷動きは良い。

4.北洋材
ナホトカ・ウラジオ港の港頭在庫は日本向け丸太約15,000m3、中国向け約30,000m3と相変わらず少なく、また港向け出材少なく、シッパーも強気の状況。アカマツ丸太(カビ材クレーム無し)は105ドル(C&F)。エゾマツ丸太はワニノ港積みで98〜100ドル程度(C&F)で、欠点ある材多い。カラマツ丸太は、92〜93ドル(C&F)。
富山港、富山新港の8月丸太入荷は67,504m3(アカ21,157m3 エゾ28,141m3 カラ16,368m3 ベニ1,837m3 )、アカマツ原板を含む製品入荷は11,051m3である。出荷はやや動きあり、在庫はアカマツ減少、カラマツ、エゾマツ増加している。
国内丸太価格は強含み。製材品は輸入品との競争厳しく弱い。なお、アカマツタルキ、間柱等川崎・東京港入荷急増し(1月末在庫量比230%増)、グリーン材(カビ材混入)と内地挽き製品との競争激化している。

5.合板
合板原料の針葉樹丸太は、国内合板市況低迷から手当ての積極性乏しい。南洋材丸太はコスト高が続いており、製品価格の値上げ難しい中で、手当厳しい状況。東北メーカー中心の減産状況は緩み、出荷も好調となったが、8月は休業日多く引続き減産の見込み。また品目ごとの生産調整進む。プレカット工場等直需系の荷動き堅調で併せて一般ルート向けでも引合いが出始めており、メーカーの在庫調整の進む中、強含みの展開が見込まれる。輸入合板は原木不足、良材不足、オイル値上等製造コストが上昇し、市況低迷の日本向け対応の意識は薄い。

6.構造用集成材
ラミナ入荷は、懸念あったものの9月に入り順調になりつつある。しかし12cm角用は受注があっても入荷ギャップまだ出ている。ラミナの今後の値決めは、年末から2月の入港時期となり、例年製品荷動きの悪い時期であること、ユーロ建値は高値で提示されている等厳しい交渉展開が見込まれる。
管柱は、パワービルダー向けの販売が活発化する中で、プレカット工場の加工コスト削減等対応からの価格引き下げ提案出ているが、メーカーはラミナ高を吸収できず1,800円強の現状維持で推移している。また12cm角の引き合いは増加しているが、ラミナ入荷に限界があり、需給バランスが崩れ、2,400円超の強含みである。中断面はレッドウッド、ホワイトウッドラミナの入荷不足と価格の上昇から55,000〜57,000円横ばいを維持している。
輸入集成管柱は1,800円で安定も、プレカット工場は、パワービルダー向けの加工賃安をカバーするため価格引き下げを視野に入れての慎重な交渉が多く見られる。中断面は、中国産の安値もあり輸入品に格差が出ている。

7.市売問屋
国産材構造材の荷動きは、補充手当てからヒノキ土台に多少動きあったものの、スギ材の動きは相変わらず悪い。強いて探すなら母屋角が少し動いた程度。外材構造材では米マツ平角が供給元の要請で少し押し上げられた。造作材では国産材の内装用壁・床材は安定した荷動きだが他は悪い。外材では相変わらず3〜4分の小幅板のみの動きである。

8.小売
スギKD、グリーン材とも変化ない。外材は米ツガKD、割物KDの入荷少なく10月には多少値上がり気配。またアカマツ等北洋材製品も今月から2,000円/m3の値上げ。造作材では米マツクリア材が品薄で入荷待ちの状況。米ツガ造作材の引き合いが多い。ホワイトウッド、レッドウッド集成材管柱および中断面等は横ばいである。ラーチ合板は全般に値上げ模様。低価格のフロア材が多少値上げの動き。9月から工務店の仕事は多いが、請負価格厳しく販売単価に影響している。

参考資料 需給価格動向PDFファイル


アクロバットリーダーの入手はこちらから
このホームページは一部PDFを利用しています。PDFファイルをご覧頂くためには「Get Acrobat Reader」のボタンでAcrobat Reader 4.0以上をダウンロードして下さい。


前回の木材価格・需給動向 はこちら
[問い合わせ先]
国内情報部長 坂本保
TEL (03)3816-5595
FAX (03)3816-5062