平成18年6月8日

(財)日本木材総合情報センター

6月の木材価格・需給動向

 

1.国産材(北関東)

 栃木は、梅雨期を前にこれからは1年を通して時期的に悪く、生産状況も減少気味である。このため丸太の入荷、集荷状況も悪い。間伐材等はまだまだ動き悪く動いてもポツポツ。丸太荷動きは普通で、市場元落少なめ。スギ材価格は銘柄によって多少値上り(入荷減の影響)あるが、虫害出ており全体的には横ばい推移。

 群馬は、スギ中目材の出材に減少みられる。一方柱適材は国有林材の間伐材が出始めた。原木手当問題ないが、製材工場はやや低操業である。製材品受注・製材品販売は県内全般に現状厳しい状況にある。なお、今後柱適材は国有林間伐材が生産・供給されるが十分とは言えず原木手当問題の出現危惧される。

 

2.米材

 4月の米国住宅着工数は前月比7.4%減少し、過去最長の好調にブレーキ。また、カナダのオールドグロス材の出材始まったが、まだ低い地域を伐採しており丸太生産はスローな状態である。なお産地丸太価格は強含みで推移している。港頭在庫は若干減少して約5,495万スクリブナー(約24万7千m3)と前月比約8.7%マイナスである。 ウェアハウザー社の6月積み米マツISソートは835ドルで5ヵ月同値。米材丸太の5月入荷、出荷、在庫ともに横ばいである。大型港湾製材工場は、荷動きおおむね堅調だが、工場により多少の違いが出てきている模様。また4〜5月の製品の値上げにより採算が改善している。一方内陸製材工場は、製品の値上げは通っても、販売低調で厳しい採算に変わりなく当用買が続いている。

 米材製品の入荷は既製品が極度に減少。出荷は順調、在庫は減少している。産地では、米国住宅着工数の減速、ローン金利上昇で先行き不安定模様となり製材品価格も弱い。カナダの日本向けは丸太不足で工場減産が続くが、カスケディア社の統合効果で秋口には生産出荷増加の見通し出ている。産地価格(6〜7月、7〜8月積)は小角40ドル、割物30ドルの値上げも円高で円建てコストは変わらず推移している。


3.南洋材

 サバ州は、例年なら出材期だが天候不順で原木供給は減少。マレーシアの合板工場は相変わらず海外からの受注を抱え原木の買い意欲旺盛である。またシッパーも原木の輸出意欲強い。製材工場は丸太確保に苦慮の状況。サラワク州は、天候おおむね良好だが慢性的な原木供給減で原木市況は一段と強含み。この状況は国内合板工場の受注残がある限り継続する様相。PNG・ソロモンは相変わらず出材芳しくなく原木市況強い。丸太の入荷、出荷、在庫はいずれも横ばい。製材品入荷は減少している。原木の販売は合板用、製材用とも低迷している。製材品は、為替が以前に比べやや円高だが、それ以上にFOB(Free On Board)アップ。多少のコストアップ分は転嫁できているが、採算は相変わらず厳しい。なお製品の荷動きは全般に良好である。

 

4.北洋材

 現地のアカマツ丸太の冬切り伐採もほぼ終わり、6月は機械類のメンテナンスもあり、出材は減少すると予想される。ナホトカ・ウラジオ港の港頭在庫は日本向けアカマツ丸太で95,000m3、カラマツ丸太45,000m3と少ない。また製品在庫も12,000m3と少ない状況。産地市況は依然として強含みで、前月価格のカラマツ丸太113〜115ドルCIF(1〜2等)、アカマツ丸太115〜117ドルCIF(1〜2等)、エゾマツ丸太110ドルCIF(1〜2等)の横ばい、または若干値上の様相である。

 富山港・富山新港の5月丸太入荷は、85,252m3(アカマツ67,502m3 、エゾマツ15,292m3、カラマツ2,458m3)と先月比やや回復し、アカマツ原板を含む製品合計は12,966m3で先月比若干増加した。丸太出荷は良くなく、原板は入荷少なく荷動き良い。在庫は約2ヶ月分と多少増加だが夏場を乗り切るものにはない。国内丸太価格は急激な円高もあり横ばい。製材品も横ばいである。丸太荷動きまずまずの動き。輸入完成品との競争で内地挽きは苦戦している。北洋材工場は製品価格上がらず採算状況悪い。

 

5.合板

 合板原料の針葉樹丸太は市況強い中積極的手当の様相。南洋材丸太は市況強いが原木の確保が肝心である。メーカー受注残あり、その整理のため受注制限品目がみられる。大手針葉樹メーカー厚物生産を増やし12mm 3×6判等減少させてバランスとる模様。国産合板は住宅需要増加する中品薄品も多く、仮需も追討ちをかけて一気の値上げ浸透。特に薄物、型枠合板では内外品ともに逼迫感増す。輸入合板は、全商品に品薄傾向続いて強含み推移。多少値上がっても品物確保を優先とする動きから無い物高の様相も呈している。

 

6.構造用集成材

 ドイツの景気回復や米国向け、中近東向けが好調な中で、中断面用レッドウッドラミナに入荷減の傾向が出始めている。また小断面用はまだ大きな変化が出ていないが、ドイツの大型工場の稼動により、小断面、中断面用のホワイトウッドにも影響が出てくる様相である。国産集成材は、パワービルダーの手当てに活気出始めた関東地区のプレカット工場から受注多くなってきている。関西、中部地区は順調な受注で推移している。小幅な値動きで値上げが進行する先行き見込みにあるが、加えて北欧が7月から夏季休暇に入ることの影響からタイト感は増加する模様である。在庫は受注生産に見合った程度のものである。

 出遅れていた関東の管柱価格は上方修正の局面に入り受注も増加傾向にある。6月は1,800円(10.5cm角3m)を前面に打ち出す勢いである。中断面はB/L(Bill of Lading)単位で59,000〜60,000円が主力で大きな変化は見られない。レッドウッドはラミナの入荷減から値上げ傾向続いている。欧州産集成材は収益重視でシェアの確保は薄れて、今後とも値上げの傾向での推移。中断面は原木確保、ラミナ手当てが十分とはいえず、欧州、米国、中近東向け等の価格によっては日本向けが減少する状況である。

 

7.市売問屋

 国産材構造材は、スギ、ヒノキ柱とも荷動き軟調での推移。ヒノキの土台は良材少なく一部強気配である。外材は、米材中心に入荷薄続いており米ツガ(特にKD桁角)、米マツともに強気配で推移。しかし、すこぶる荷動きが良いわけでない。国産材造作材には特別な荷動きない。外材は品薄なわりに動きがよくない。

 販売は、米材、北洋材とも入荷薄のわりに荷動きあまりよくないこともあり、今ひとつ盛り上がりに欠けている。産地からの値上げは厳しいものの、市場がそれに反応せずの状況といえよう。

 

8.小売

 構造材は、スギ柱、ヒノキ土台・柱変わらず横ばい。外材の米ツガ角KD材全くの品薄。スギKDに振替えみられる。この状況は8月まで継続が見込まれる。また米ツガ割物KD材は品薄だが、まだ入荷もあり手当て可能。北洋材アカマツタルキは良材入荷待ち。米マツKD平角変わらず。造作材はスプルース、米マツピーラは品薄で価格は強い。タモ材等変わらず。集成材は管柱、中断面ともに強含みの推移。合板は全種類について値上げである。低価格のフロア材はどのメーカーでも300〜500円/坪の値上げを打ち出してきている。

参考資料 需給価格動向PDFファイル


アクロバットリーダーの入手はこちらから
このホームページは一部PDFを利用しています。PDFファイルをご覧頂くためには「Get Acrobat Reader」のボタンでAcrobat Reader 4.0以上をダウンロードして下さい。


前回の木材価格・需給動向 はこちら
[問い合わせ先]
国内情報部長 坂本保
TEL (03)3816-5595
FAX (03)3816-5062