平成18年8月10日

(財)日本木材総合情報センター

8月の木材価格・需給動向

 

1.国産材(北関東)
 栃木は、原木安値の中で必要以上に伐採控えめの考えが出ている。どの市場も原木入荷は少ない。間伐材等は多少の動きでるもまだまだの状況。ヒノキ材は絶対量少なく荷動きが良い。市場の元落は少なめ。スギ、ヒノキ材の入荷は少ないが、原木価格の上昇に連携せず、競争しての原木手当て意欲見られない状況。
 群馬は、長梅雨の影響でスギ材の出材が減少したが、出材は徐々に回復している。このためスギ柱原木価格が急激に上昇したが、ここに来て横ばいの推移になっている。在庫は通常量確保し、原木消費は多少少なめである。製材工場の操業はやや低めで製材品受注・販売はやや低水準だが特に問題になるほどでない。

2.米材
 6月の米国新設住宅着工数は前月比5.3%減少(年率185万戸)となり、過去最長の新設住宅活況が明らかに下降局面の様相。カナダはファイアークロージアのため出材減少し、オールド・セカンドグロス材ともに価格は強含みの推移。また米国もファイアークロージアの影響で品薄状態で強含みである。産地港頭在庫は前月大幅減少から7月さらに減少し約4,025万スクリブナー(約18万1,000m3)と前月比約10.1%マイナス。ウェアハウザー社の8月積み米マツISソートは835ドルで7ヵ月同値。米材丸太の7月入荷、出荷、在庫ともに横ばいである。大型港湾製材工場は、荷動き堅調で製品値上げを視野に入れた模様。一方内陸製材工場は工場差あるが、荷動き低迷で当用買いに徹している状況。
 米材製品の入荷減少、出荷は順調、在庫減少の状況。産地はカナダドル高でカナダ製材工場苦戦続く。対日向けはようやく回復基調に向かう。産地価格は小角、割物10ドル(9〜10月積)値上げと強含みの推移。


3.南洋材
 サバ州は、天候不順で出材は相変わらず低調である。マレーシアの合板工場、製材加工工場、輸出業者が原木を取り合う状況となっており、原木市況は一段の強含みである。サラワク州は、天候おおむね良好で、出材は順調となっているが、港頭在庫の増える状況にはない。国内合板工場の原木引き合い強く、また優先的に合板工場に原木供給することから、製材加工工場は原木確保に苦慮している。原木市況は天井感あるものの、それがいつなのか見通し立たない様相。PNG・ソロモンは中国からの引き合い強く原木市況は強含みである。わが国の原木状況は入荷、出荷、在庫とも横ばいである。

4.北洋材
 ロシア材全体に出材悪く、現地オファーがない。カラマツ丸太はヨーロッパに向けられており、日本の合板メーカーは在庫確保して価格に抵抗するも強含み推移。エゾマツ丸太は韓国がプライスリーダーで、日本の価格折衝折り合わなければ韓国向けで対応。アカマツ丸太はロシアの工場、中国、インド、中近東等の引き合い強く、日本は前倒しで対応しないと購入できない状況。このため丸太全て強気配で前月比アカマツ原板KD・USグレード270ドルが290ドル、カラマツ丸太113ドルCIF(1〜2等)が115ドル、アカマツ丸太123ドルから130ドルCIF(1〜2等)とそれぞれ値上り、さらにエゾマツ丸太も114ドルCIF(1〜2等)が120ドルの値上り。
 富山港・富山新港の7月丸太入荷は、71,401m3(アカマツ32,274m3 、エゾマツ27,957m3、カラマツ9,633m3、ベニマツ1,537m3)と先月比やや増加し、アカマツ原板を含む製品合計は13,931m3で先月比若干減少した。エゾマツ丸太に不足感あるも出荷は通常ペース、在庫は3ヶ月程度である。国内丸太価格は仕入れ価格の値上がりにより徐々に強含み。製材品は採算合わず、各工場は値上げを提示して浸透し始めている。丸太はまずまずの荷動き。輸入完成品の動き良く、内地挽き製品もまずまずの動き。北洋材工場は原木仕入れ価格の値上がりで採算状況ますます悪い。工場稼動は9割と通常ペース、受注は1週間程度である。

5.合板
合板原料の針葉樹丸太は手当てが進む中、産地は強唱となる。また、南洋材丸太は出材期で丸太の生産が回復傾向だが価格は強含みの推移。メーカーは盆休みを利用したメンテナンスもあり、生産量は減少する様相。品薄状況下で新規受注の調整により納期遅れの回復目指す。9月には稼働日増えフル生産の意向。針葉樹構造用合板は厚物(ネダノン)だけでなく、12mm 3×6判までも品薄で納期待ちの状況で逼迫感増す。また南洋材による薄物、型枠、構造用も依然として強含み展開。輸入合板は、型枠、構造用、下地等を中心に相変わらず無い物高で価格は高騰を続けておりタイト感は強い。


6.構造用集成材
 スウェーデンは風倒木処理原木が供給され、メインはホワイトウッドで良材少ない。出材量は対前年度25%減の状況。フィンランドは森林税移行前のパルプ会社購入の森林が伐採対象で、一般材出材は30%以上の減少見込み。併せて欧州の景気回復し、北アフリカ、中東の購入意欲強い中で、品質厳しい日本向けラミナ価格は一層上昇している。欧州産は年初の価格比で10月以降入荷材は6,000円/m3以上値上げのオファー。国産集成材は、中京、関西の受注旺盛で、関東は受注低調。メーカー建値の受注が小・中断面とも大半。中京地区の荷動き好調で、関西も活発化し、関東は見積り増加から8月以降上昇に期待大である。
 管柱はラミナ価格アップを吸収して1,850円(10.5cm角3m)〜1,900円の価格帯での動き。ラミナ価格の上昇から秋需の時期には2,000円大台に乗る模様。中断面はB/L単位で60,000円〜62,000円の大台に乗り、邸別配送は65,000〜68,000円の市況である。欧州産集成材管柱はホワイトウッドで8月値55,000〜58,500円(1,820〜1,930円オントラ)がオファーされ成約している。中断面はレッドウッドで60,000円が提示されている。

7.市売問屋
 国産材構造材は、総じて入荷が少ない割りに軟調な動き。この中でヒノキ土台の良材、ヒノキ通柱は特に入荷少なく強気配である。外材は入荷薄続く米材強く、米ツガ母屋角、KD根太類はまずまずの動きで少し値戻している。国産材造作材は目新しい動きない。外材は米ツガ再割タルキの良材は値戻し動きは良い。北洋材は供給サイドからの値上げ要求は強いものの今ひとつ動き冴えない。ここにきて住宅関連業者が大小問わず先行きの見通しのある買方は建材も含めかなり機敏な動きみられ、しかし大半の所謂ルート販売の業者は今の状況に反応せず成りゆき任せの状態。したがってごく一部を除き全体の販売状況は緩慢である。

8.小売
 構造材は、スギ柱、ヒノキ土台・柱変わらず。燃料高騰し配送コスト上昇し価格への影響気配あり。米ツガ角(90、10.5KD)材は入荷あるが価格は4,000〜5,000円/m3値上り。米ツガKD割物は1,000〜2,000円/m3、北洋材アカマツは2,000〜3,000円/m3の値上り。丸太、原板入荷次第では一層の値上げ気配。ホワイトウッド間柱関係は品薄続いている。造作材は米マツピーラ良材少ない状況。スプルース及びタモ、アッシュ等広葉樹は変わらず。集成材は管柱100〜200円、中断面は2,000〜3,000円/m3の値上り。合板は全て極めて強い。床板とフロアーの台板が輸入なのでさらに値上げ模様。定価販売のドア枠等7〜10%値上げになった。

参考資料 需給価格動向PDFファイル


アクロバットリーダーの入手はこちらから
このホームページは一部PDFを利用しています。PDFファイルをご覧頂くためには「Get Acrobat Reader」のボタンでAcrobat Reader 4.0以上をダウンロードして下さい。


前回の木材価格・需給動向 はこちら
[問い合わせ先]
国内情報部長 坂本保
TEL (03)3816-5595
FAX (03)3816-5062