日本木材総合情報センター
英語のページ
木net内検索  
 
木net(きーねっと)〜木と森の情報館
木づかい運動
サンキューグリーンスタイルマーク
木づかいポイント
木育
木のあるくらし
木のあるくらしとわたし
国産材一覧(針葉樹・広葉樹)
木ネットインタビュー
木材とその技術
木材資料室
木材供給システム優良事例
木材利用相談QandA
出版物の案内
リンク
日本木材総合情報センターの案内
木づかい運動のバナータイトル
space

京都議定書では,2012年までに日本の温室効果ガスの排出量を1990年の水準より6%削減することを約束しています。そのうち3.9%(※1)を日本国内の森林によるCO2の吸収量で達成しようとしています。しかし,日本では手入れが行き届かない森林の荒廃が進んでいるため,今のままでは,京都議定書の二酸化炭素削減目標達成が危ぶまれています。このため,林野庁においては,2005年度から国民運動として「木づかい運動」の取組みを開始し,国産材の積極的な利用を通じて山村を活性化し,二酸化炭素(CO2)をたっぷり吸収する元気な森林づくりを進めようとしています。当センターは木づかい運動の事務局として,国産材の利用拡大に向けた様々な取組みを行っています。

(※1) 京都議定書目標達成計画(H17年4月)では、京都議定書で定められた温室効果ガス削減目標−6%のうち、その約3分の2に相当する3.9%は森林吸収に割り当てられました。平成19年4月現在では、基準年の温室効果ガスの総排出量の増加により3.9%から3.8%へ変動しました。なお、木づかい運動ロゴマーク(サンキューグリーンスタイルマーク)はこれまで通り変わりません。




家庭で木づかい  学校で木づかい オフィスで木づかい



契約参加資格登録お問い合わせリンク・引用について個人情報保護基本方針木netトップ