財団法人日本木材総合情報センターGo To English Top Page
AND OR
 
木net(きーねっと)〜木と森の情報館
木のあるくらし
木netインタビュー supported by Lin gkaran
森を守るモノ選び
木製品展示システム
木材とその技術
木材資料室
出版物の案内
関連するホームページ
当センターの案内
住宅資材情報

space
木のあるくらし

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 木材と健康 一覧

2.木の色と匂い


木材の色

スギ染色木材
人工的に調色された木材

 色は人間の感性にさまざまな働きかけをします。日本では昔から建築材、家具材、什器等といった日常生活の分野で木材製品は多く使用されています。そのため木材の色や木目といったものが大切にされてきました。
 しかし、美しい色調をもつ木材も、様々な要因により変色が生じ、美的価値が低下し問題になります。変色を引き起こす要因は、生物的なもの、化学的なもの、物理的なものと様々です。また、その出現時期も立木時にすでに存在しているものや伐採後に発生するものなどいろいろです。
 たとえば木材は光に当たると変色します。変色の原因は樹種によってさまざまです。光が当たるに従って色が濃くなる材、反対に色あせていく材など色相、彩度、明度がいろいろ変化します。これは、木材に含まれている物質が光により変化し、変色の原因になっていると考えられており、光変色原因物質がいくつか見いだされています。
 また、微生物による汚染によって変色を受ける材もあります。これは微生物自体の色や、菌の分泌物と木材成分との反応などのために材が変色するもので、青や赤などの色に変色する例が報告されています。
 木材腐朽菌などによる汚染では、茶褐色、灰褐色などの変色を受けます。熱等による変色を受ける材もあります。生材を人工乾燥するとき、温度が高いと材面が変色します。この原因は、木材中に含まれているフェノール成分やヘミセルロースが熱等の働きにより空気中の酸素と反応したり、加水分解したりして着色物質に変わることに起因します。
 この他、釘や治具などによる鉄汚染や塗料による酸・アルカリ汚染なども報告されており、木材を加工する時には、細心の注意が必要です。最近では化学的に木材を着色する技術も研究されており、目的にあった色調を作り出すことも可能になってきています。

 

space

<<戻る 木材と健康 一覧  
     

 




ご意見はこちらへ サイトマップ