財団法人日本木材総合情報センターGo To English Top Page
AND OR
 
木net(きーねっと)〜木と森の情報館
木のあるくらし
木net インタビュー
森を守るモノ選び
木製品展示システム
木材とその技術
木材資料室
出版物の案内
関連するホームページ
当センターの案内
住宅資材情報

space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 国産材 一覧

「アオダモ、コバノトネリコ」
(モクセイ科 Fraxinus lanuginosa )


伝統的なスポーツの場合、道具として木材を使うことが多いのですが、種目によっては、かなり厳密に特定の樹種を選択していることがあります。野球のバットは典型的な例の一つでしょう。もともとは、本家のアメリカでは、ホワイトアッシュを使っているのですが、日本産の樹種の中から選ぶと、硬式野球用のものとしては、このアオダモは、最も近い性質を持っているもの一つといえます。したがって、需要は非常に高いのですが、もともと大きくなるものが少ないことと、その蓄積が少ないことから、入手することが段々と難しくなって来ています。北海道、本州、四国、九州などに分布しますが、最も蓄積の多いのは、北海道です。

■木材
心材と辺材の色の差ははっきりしないことが多く、木材の色は淡黄白色で、心材がやや濃色な程度です。環孔材ですので、年輪ははっきりと認められます。木理は通直で、肌目は粗です。加工性は普通で、保存性も普通です。木材はやや重硬で、気乾比重は0.62〜0.71(平均値)〜0.84です。弾力性があり、また、曲げ木にもなりやすいのが特徴です。

■用途
現在では蓄積が少なくなり、高値になったため用途は野球のバットが中心になっているのではないでしょうか。かつては、テニスやバドミントンのラケット、スキーの板など、かつては、木材のみが使われていましたが、その頃には欠かせない樹種の一つでした。また、強靱性が必要な他の運動具にも使われました。器具、家具材も用途として知られています。ゲートボールのスティック、ゴルフのクラブヘッド等もあります。

【特性表】

アオダモ
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.71 0.15 0.29 118 44 15.7 13.7



<<戻る 国産材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし