財団法人日本木材総合情報センターGo To English Top Page
AND OR
 
木net(きーねっと)〜木と森の情報館
木のあるくらし
木net インタビュー
森を守るモノ選び
木製品展示システム
木材とその技術
木材資料室
出版物の案内
関連するホームページ
当センターの案内
住宅資材情報

space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 国産材 一覧

「カキ」
(カキ科 Diospyros kaki)


カキの類は、果実でよく知られていますが、木材に出会うのはずっと機会が少ないでしょう。よく似ているものにヤマガキ(var.sylvestris)があります。この他、この属にはマメガキ、シナノガキ、トキワガキなどがあります。分布は本州中部、南部、四国、九州、伊豆七島などで、朝鮮、中国などに分布しています。マメガキは中国から渡来したものとされ、シナノガキは関東地方南部以西の、本州、四国、九州、沖縄、台湾、朝鮮南部、中国、トキワガキは本州の東海から山陽地方、四国、九州、沖縄、台湾、中国に分布しています。

■木材
辺材と心材の色の差はあまりはっきりとはしていません。淡色で、橙色を帯びていますが、ときどき黒い条が不規則に出てくることがあり、それが、著しいときには、木材の色が黒に近くなります。黒い心材の出ることはあまり多くありませんが、それをもったものを黒柿と呼んで、装飾目的の用途に使いますので、その価格も高くなります。リップルマークがあり、それに気付くと、簡単に他から区別できます。気乾比重は0.60〜0.85で、やや重硬です。

■用途
床柱、内部装飾などの建築材として、また、寄木、象眼、家具、彫刻などに珍重されます。アメリカ産のパーシモンは同属の樹種で、ゴルフのクラブに使われていることで、よく知られていますが、日本でもカキがクラブのヘッドとして使われています。柿渋はカキの類の未熟な果実をつき砕き、その搾った液を半年放置しておいたものを塗布用にしたものです。

【特性表】

マメガキ
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.53〜0.64 0.10〜0.13 0.27〜0.32 - 36〜41 -

5.6〜9.6



<<戻る 国産材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし