財団法人日本木材総合情報センターGo To English Top Page
AND OR
 
木net(きーねっと)〜木と森の情報館
木のあるくらし
木net インタビュー
森を守るモノ選び
木製品展示システム
木材とその技術
木材資料室
出版物の案内
関連するホームページ
当センターの案内
住宅資材情報

space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 国産材 一覧

「カツラ、桂」
(カツラ科 Cercidiphyllum japonicum)


北海道、本州、四国、九州などに分布していますが、蓄積の多いのは北海道です。しかし、最近では生産量は少なくなってきています。

■木材
心材と辺材の色の差ははっきりしています。前者は褐色で、後者は黄白色です。カツラの木材の中で、色の濃いものをヒカツラ、淡いものをアオカツラと呼んで区別することもあります。前者のほうがよいとされています。年輪はわかります。肌目は精です。気乾比重は0.40−0.50(平均値)−0.66でやや軽軟な木材といえます。保存性の低い木材です。切削などの加工は容易で、表面はよく仕上ります。

■用途
軽軟で、加工がし易いので、家具用材、とくに引き出しの側板としては定評があります。しかし、最近では、生産量が減り、需要が追い付かなくなってきため、ずっと値段の易い南洋材の中から材質が比較的似ているようなものを探しだし、ナンヨウカツラというような商品名をつけて代用品にしていることが多くなっています。したがって、よほどでないと、カツラを引き出しの側板に使ったような家具に出会うことはないようです。かっては、洗濯用の張り板、和裁の裁ち板などのような用途があり、われわれには馴染みの深い木材だったのですが。碁・将棋などの盤、彫刻、器具などにも使われます。

【特性表】

カツラ
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.5 0.17 0.28 74 39 8.3 8.3



<<戻る 国産材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし