財団法人日本木材総合情報センターGo To English Top Page
AND OR
 
木net(きーねっと)〜木と森の情報館
木のあるくらし
木net インタビュー
森を守るモノ選び
木製品展示システム
木材とその技術
木材資料室
出版物の案内
関連するホームページ
当センターの案内
住宅資材情報

space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 国産材 一覧

「キハダ、ヒロハノキハダ、シコロ 黄蘖」
(ミカン科 Phellodendron amurensis)


北海道、本州、四国、九州に分布しています。さらに、中国、朝鮮、サハリンにもみられます。一般にキハダとして市場に出ているものは、北海道産のキハダです。それほど蓄積の多い樹種ではありません。

■木材
心材と辺材の色の差ははっきりとしています。前者はやや緑色をおびた黄褐色ですが、長い時間空気に曝されていると褐色になっていきます。後者は淡黄白色です。環孔材ですので、年輪ははっきりと見えます。道管が大きいので、肌目は粗くなっています。気乾比重は0.38−0.49(平均値)−0.57でやや軽軟な木材といえるでしょう。木材の保存は低く、切削などの加工は容易ですが、仕上がりめんはとくによいとはいえません。

■用途
家具、指物、器具、単板、天然木化粧合板などがあります。キハダは木材以外の用途で知っている人が多いのではないでしょうか。それは、樹皮が薬によく利用されることです。内樹皮は鮮やかな黄色で、胃腸薬とされ、ダラニスケあるいは百草などという名で家庭薬の成分とされてきています。その外いろいろの漢方薬の成分とされ内服薬ばかりでなく、外用にも使われます。
また、黄色の染料として使われていました。

【特性表】

ヒロハノキハダ
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.49 0.15 0.25 78 37 11.3 7.8



<<戻る 国産材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし