一般財団法人 日本木材総合情報センター 英語のページ
木net内検索  
 
 
木netのロゴ画像
space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 国産材 一覧

「キリ 桐」
(ゴマノハグサ科 Paulownia tomentosa)


野生のものはなく、北海道南部から南の各地に植栽されています。よく知られている産地は福島県(会津桐)、岩手県(南部桐)、さらに新潟県、茨城県などです。しかし、最近では日本でキリの需要が多いことから、中国、台湾、米国、フラジルなど海外諸国で植栽されたものが、大量に輸入されています。同類には、タイワンギリ:P.kawakamii、ココノエギリ:P.fortuneiなどがありますが、これらを見分けるのは、容易ではありません。このようなことから、婚礼家具の代表の観のあるキリの箪笥の内かなりの割合のものが、外国育ちのキリを使ったもののはずです。かつて「娘が生まれたら、キリを植えて嫁入りのときに伐って箪笥をつくってやる」というようなことがいわれ、また行われていました。そのくらい成長が早く、短期間で木材が得られる樹種です。キリを植える習慣は減ったでしょうが、キリの箪笥は婚礼家具の一つとして、依然として頑張っています。

■木材
年輪の境界に大きい道管が帯状に配列する傾向がありますが、あまりはっきりはしません。肌目はやや粗です。心材は淡褐色で、辺材はそれより淡色な程度ですから、両者の差は著しくありません。ときに、材面がやや紫色を帯びることがあります。気乾比重は0.19〜0.30(平均値)〜0.40で、日本産の中では、最も軽軟です。加工は容易で、製品は高い寸度安定性をもちます。
寸度安定性の高いことが、種々の家具に用いられる理由の一つで、密閉度の高いものを作ることが出来ます。軽軟なため、下駄にしたような場合、土の細かい粒が木材にくい込むようになり摩滅が少なくなります。

■用途
家具(箪笥など)、器具、建具、箱、楽器(琴など)、彫刻、下駄、羽子板などが知られています。

【特性表】

キリ
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.3 0.09 0.23 34 20 5.4 4.9



<<戻る 国産材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし