財団法人日本木材総合情報センターGo To English Top Page
AND OR
 
木net(きーねっと)〜木と森の情報館
木のあるくらし
木net インタビュー
森を守るモノ選び
木製品展示システム
木材とその技術
木材資料室
出版物の案内
関連するホームページ
当センターの案内
住宅資材情報

space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 国産材 一覧

「クリ、栗」
(ブナ科 Castanea crenata)


北海道南部、本州、四国、九州に分布します。福島県、宮城県、岩手県、島根県などに蓄積が多いとされています。食用にするクリを採取するために植栽されています。甘栗は中国原産で、C.mollissimaから採取されたものです。クリの名前から食用になるクリの果実のみを想像するかもしれませんが、木材も忘れてはなりません。今でもクリの多く生育している地方で、ほとんでの柱がクリでできている建物をみることがあります。このようなものは建築材料としての優秀性を示すよい例です。

■木材
年輪の境界に大きな道管が帯状に配列して、環状になっているので、年輪がはっきりとしています。クリの道管は日本の広葉樹のなかではもっとも大きい部類に入ります。
このため、肌目の粗い木材となっています。心材は褐色、辺材はやや褐色を帯びた灰白色で、両者の差ははっきりとしています。気乾比重は0.44〜0.60 (平均値)〜0.78で重硬な木材といえます。心材の保存性は極めて高く、日本産材中では最高といえるでしょう。したがってよく水湿に耐えます。上述のように重硬で、強く、しかも保存性が高いことから、建築に用いると非常に丈夫なものが出来ることなります。このことが昔からよく知られており、家を建てる際には最小限でも、建物の土台にはクリが用いられてきていました。最近では、このような例は少なくなったことでしょう。切削などの加工は難しく、表面の仕上がりは中庸です。

■用途
建築(土台、装飾)、家具、器具、車両、ひきもの、枕木、土木などに使われます。

【特性表】

クリ
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.6 0.17 0.36 78 42 7.8 8.8



<<戻る 国産材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし