財団法人日本木材総合情報センターGo To English Top Page
AND OR
 
木net(きーねっと)〜木と森の情報館
木のあるくらし
木net インタビュー
森を守るモノ選び
木製品展示システム
木材とその技術
木材資料室
出版物の案内
関連するホームページ
当センターの案内
住宅資材情報

space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 国産材 一覧

「ヤマザクラを含むサクラ類」
(バラ科 Prunus jamasakuraを含むPrunus spp.)


ヤマザクラは本州、四国、九州、朝鮮にも分布します。サクラ類には、本州中部以北、北海道、南千島、サハリン、中国東北部、シベリアなどに分布するシウリザクラ:P.ssiori 北海道、本州、四国、九州に分布するウワミズザクラ:P.grayanaをはじめとして、多数の種類、品種があります。木材として利用される量は少なく、むしろ貴重な材料となります。ヤマザクラの樹皮の内側から桜皮と呼ばれる生薬がとれて、煎じて咳の薬としたり、エキスを鎮咳薬として使います。

■木材
サクラ類の木材は、ヤマザクラのそれとほぼ似ています。心材は褐色ないし、赤褐色で、特徴的なことは注意すると緑色の縞が不規則ながら必ず現れることに気付きます。辺材は淡黄褐色ないし黄白色で、心材との差ははっきりしています。生育中の虫の害を受け易いためか木材にはその傷あとが癒合した組織(ピスフレック)の小さい斑点が多数出ています。気乾比重は0.48〜0.62(平均値)〜0.74で、木材はやや重硬といえます。年輪はやや明かで、肌目は精です。木材の保存性は高く、加工はし易いとされています。

■用途
器具、家具(和風)、楽器、ひきもの、彫刻など、かって塩田器具に用いたことがあります。 マカンバあるいはミズメなどのカンバ類の木材のことをサクラあるいはカバザクラ、ミズメザクラと呼んで、あたかもサクラ類の木材であるようにして取扱っていますが、カンバ類は色がやや似ている程度で、材面はずっと均一で、変化がありませんが、サクラ類はより不均一な材面をもっているため、装飾的な用途により適しているといえます。このような商習慣はすでに古く明治時代からあったようです。

【特性表】

サクラ類
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.6 0.17 0.31 103 44 9.8 11.8



<<戻る 国産材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし