財団法人日本木材総合情報センターGo To English Top Page
AND OR
 
木net(きーねっと)〜木と森の情報館
木のあるくらし
木net インタビュー
森を守るモノ選び
木製品展示システム
木材とその技術
木材資料室
出版物の案内
関連するホームページ
当センターの案内
住宅資材情報

space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 国産材 一覧

「シデ類」
(カバノキ科 Carpinus spp. )


シデの類には、北海道、本州、四国、九州に分布するサワシバ(C.cordata )、アカシデ(C.laxifora)、本州、四国、九州に分布するイヌシデ(C.tschonoskii )、クマシデ(C.japonica)などがあります。あまり大きくはなりませんが、それでも、樹高が15m位にはなるものがあります。分布が広いので、雑木林のなかに認められることが多い類です。関東地方でも、注意すると、雑木林の中で見付けることが出来ます。

■木材
心材と辺材の色の差は余りありません。木材の色はほとんど白色で、光沢がありますが、ときにはやや黄色を帯びます。年輪の境界にはやや白色の帯があり、それで、年輪がはっきりと見えます。この類の特徴は、横断面で年輪を見ると、年輪がギザギザに波打っていることで、これがわかると、この類を他から区別することが容易に出来ます。木材はやや重硬〜重硬で、弾力性があり、気乾比重は:0.75(クマシデ)、0.70〜0.82(アカシデ)です。どちらかというと、加工の難しい木材といえます。

■用途
曲げ木にして傘の柄、靴型、ろくろ細工、漆器木地、家具、農具の柄、器具の柄、薪炭材(炭の質はカシ類に次ぐとされています)などがあり、シイタケの栽培用の原木にも適します。樹皮の付いた小丸太を床柱にしたり、樹皮を剥がして磨いた丸太は、材面に大きな皺があり、雅致があるので、床柱に使われます。紡織用材(シャットル、木管など)としても知られています。

【特性表】

クマシデ
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.75 0.23 0.37 62〜87 45〜48 11.8〜13.0

8.3〜11.1



<<戻る 国産材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし