財団法人日本木材総合情報センターGo To English Top Page
AND OR
 
木net(きーねっと)〜木と森の情報館
木のあるくらし
木net インタビュー
森を守るモノ選び
木製品展示システム
木材とその技術
木材資料室
出版物の案内
関連するホームページ
当センターの案内
住宅資材情報

space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 国産材 一覧

「シナノキ」
(シナノキ科 Tilia japonica)


北海道、本州、四国、九州に分布しており、なかでも北海道が産地として知られています。よく似たオオバボダイジュ:T.maximowiczianaは北海道、本州北、中部に分布しています。前者をアカシナ、後者をアオシナとも呼びます。シナノキは中国大陸にも分布します。ヨーロッパには、ドイツのリードにも出てくるリンデンバウム(ボダイジュ)は、同類のT.vulgrisです。シナノキの樹皮の繊維は強く、織物に広く使われ、船網、箕(み)、酒や醤油のこし袋、蚊帳、袴などにも用いられました。オオバボダイジュのそれも同様に使われますが、品質ははるかに劣るといわれています。

■木材
日常のわれわれの生活の中で、かなり出会うことが多い木材です。それというのも、外食したときに出される割箸にかなり大量に用いられているからです。気乾比重は0.37〜0.50(平均値)〜0.61です。とくに不快ではありませんが、特有の臭いがあります。年輪はあまりはっきりせず、均質な木材で、軽軟で加工し易いため、いろいろな用途に用いられますが、どちらかというと個性の少ない樹種です。しかし、木材中に含まれる糖のため接着(とくに尿素樹脂接着剤による)がよくなく、またセメントの硬化不良がおきます。さらに釘などの鉄汚染が材内の酸により発生します。保存性は低く、水湿には弱い木材です。

■用途
かつてラワンやメランチが合板用材として使われる以前には、北海道産のシナノキの合板が多量に市場に出ていました。キャビネット、彫刻(北海道などで民芸品)、箱材(洋風の菓子あるいは紅茶の箱など)、鉛筆、割箸、器具などが知られています。

【特性表】

シナノキ
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.5 0.20 0.31 64 34 5.9 7.8



<<戻る 国産材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし