財団法人日本木材総合情報センターGo To English Top Page
AND OR
 
木net(きーねっと)〜木と森の情報館
木のあるくらし
木net インタビュー
森を守るモノ選び
木製品展示システム
木材とその技術
木材資料室
出版物の案内
関連するホームページ
当センターの案内
住宅資材情報

space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 国産材 一覧

「シラカシ」
(ブナ科 Quercus myrsinaefolia )


福島県、新潟県以南の本州、四国、九州、済州島中国大陸中南部に分布しています。関東地方では一般的に見られるカシで、農家の周囲、並木、公園などによく植えられています。東京付近で見られるカシは、ほとんどシカラシといってよいでしょう。

■木材
心材と辺材の色の差はほとんどありません。木材の色は薄く、灰色がかった淡褐色です。年輪はあまりはっきりとはしていません。虫害があると暗色の不規則な変色部分が出ることが多く、木材の色が薄いためによく目立ち、木材の価値を下げます。肌目は粗です。カシ類に特徴的な大きい放射組織があるため、板目面には、アカガシ同様に、はっきりしたゴマのような模様(カシ目)がみられます。木材は重硬で、気乾比重の値は0.74〜0.83(平均値)〜1.02です。日本産材で、普通利用されている木材の中では最も重硬なものの一つといえます。加工は容易ではなく、乾燥が難しい木材です。

■用途
器具材、車両材、機械材、建築材、枕木、薪炭材、器具柄材、櫓材など重硬で強靱さが必要な用途に、広い範囲にわたって使われて来ていましたが、現在ではかなり目に触れる機会が減ってきました。それでも、器具の柄、大工道具の柄など、さらに、体操の平行棒、木刀、白い色と緻密さを利用して、クラフトの食器用等に使われています。

【特性表】

シラカシ
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.83 0.23 0.38 118 59 17.6 13.7



<<戻る 国産材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし