一般財団法人 日本木材総合情報センター 英語のページ
木net内検索  
 
 
木netのロゴ画像
space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 国産材 一覧

「シラカンバ、白樺」
(カバノキ科 Betula platyphylla var. japonica)


福井、岐阜、静岡各県より北の海抜高の高い(600−1600m)地域に分布し、さらに北海道ではより低い0−700mの各地に見られます。シラカンバは一般には、木材としてより山で美しいシラカバ林を形作っている樹木として馴染みが深いのではないでしょうか。山が色々な原因で裸地になったような場合に最初に生え始め、よく純林をつくることがあり、美しい景観をつくりだします。

■木材
心材と辺材とのあいだの境ははっきりしてはいません。木材の色は黄白色−淡黄褐色です。立っているものでも、丸太になっているものでも菌の害を受けやすく、変色をしていることがしばしばあります。気乾比重の値として0.60が知られていますが、もっと軽軟なものが一般的でしょう。保存性の非常に低い木材です。同じカンバ類のミズメやマカンバなどと比較すると硬さ、色などでおおきな違いがあります。

■用途
一般に小さい木が多く、大きな丸太が必要な用途には使われません。色が淡く軽軟な木材の必要な用途には、色々な形で使われています。観光地での細工物に使われています。器具、家具、さらには削片板、パルプなどの原料になります。ナメコ栽培用の原木にもなります。

【特性表】

シラカンバ
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.63 0.17 0.27 58 43 9.4 8.3



<<戻る 国産材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし