財団法人日本木材総合情報センターGo To English Top Page
AND OR
 
木net(きーねっと)〜木と森の情報館
木のあるくらし
木net インタビュー
森を守るモノ選び
木製品展示システム
木材とその技術
木材資料室
出版物の案内
関連するホームページ
当センターの案内
住宅資材情報

space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 国産材 一覧

「タブノキ、イヌグス」
(クスノキ科 Machilus thunbergii)


本州、伊豆七島、四国、九州、沖縄、台湾、南朝鮮、中国などに分布しています。海岸沿いのところでは太平洋側では岩手県南部、日本海側では青森県南部にまで見られます。

■木材
心材と辺材の境界は認められます。前者は紅褐色で後者はやや褐色を帯びています。タブノキはその木材の色によって、より赤いものをベニタブ、淡色のものをシロタブというように区別することがあり、前者のほうが高く評価されています。年輪は認められます。日本の木材のなかでは珍しく、木理が交錯しています。また、木理が乱れていることがあり、そのため材面に化粧価値のある杢が出てきることがあります。肌目は粗です。気乾比重は0.50−0.65(平均値)−0.77で、木材はほぼ中庸な硬さをもっています。保存性はほぼ中程度です。切削などの加工はとくに難しいことはありません。仕上がりは中程度になります。

■用途
器具、家具、建築などに用いられます。しかし、タブノキの木材は、暖かい地域に蓄積が多いので、それ以外の地域ではよく知られてはいません。樹皮が絹織物の染料になります。

【特性表】

タブノキ
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.65 0.17 0.36 69 39 11.8 8.8



<<戻る 国産材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし