財団法人日本木材総合情報センターGo To English Top Page
AND OR
 
木net(きーねっと)〜木と森の情報館
木のあるくらし
木net インタビュー
森を守るモノ選び
木製品展示システム
木材とその技術
木材資料室
出版物の案内
関連するホームページ
当センターの案内
住宅資材情報

space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 国産材 一覧

「ツゲ、黄楊、アサマツゲ」
(ツゲ科 Buxus microphylla var. japonica)


本州、四国、九州の暖かい地域に分布しています。とくに古くから、御蔵島など伊豆七島は産地としてよく知られています。庭木や生け垣に植えられているので、木を知っている人も多いでしょう。

■木材
心材と辺材の色の違いはほとんどなく、木材の色は黄白色、黄褐色です。木材は日本産の中で、もっとも緻密であるといわれています。したがって、肌目は極めて精です。年輪はほとんどわかりません。気乾比重は0.75−0.95ですので、木材は重硬です。

■用途
もともと木が大きくならないことと、木材が緻密で、仕上げた面に光沢がありますので、工芸品の材料として使われることでよく知られています。いろいろの形をした櫛の伝統な材料であることはご存じでしょう。浮世絵の版木、とくに精密な細工の必要な部分、顔、手など、に使われています。将棋の駒、算盤玉、彫刻、細工物、美術品、寄木、木象眼、定規、種々の器具などがあります。もう一つわれわれの日常生活のなかで大変重要なものに印鑑の材料があります。

【特性表】

ツゲ
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.69 4.9 7 121 61 -

11.2



<<戻る 国産材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし