財団法人日本木材総合情報センターGo To English Top Page
AND OR
 
木net(きーねっと)〜木と森の情報館
木のあるくらし
木net インタビュー
森を守るモノ選び
木製品展示システム
木材とその技術
木材資料室
出版物の案内
関連するホームページ
当センターの案内
住宅資材情報

space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 国産材 一覧

「トチノキ、栃」
(トチノキ科 Aesculus turbinata)


北海道南部、本州、四国、九州に分布します。東北地方や北海道南部に多く見られます。中国にもみられます。とくに蓄積が多いとはいえませんが、大木になりますので、山地のハイキングコースなどでよく目にする木のひとつです。また、街路樹や庭園樹としてよくみられる木です。

■木材
心材と辺材の色の違いはほとんどありません。木材の色はやや赤みを帯びた黄白色〜淡黄褐色です。年輪の境はあまりはっきりしません。肌目は精で、仕上げた材面には絹のような光沢があります。大木になるとその幹にはコブがあったり凹凸があるため、木材になったときにその木理が乱れることがあります。この結果、いろいろの美しい杢をもったものがあります。気乾比重は0.40−0.52(平均値)−0.63で、軽軟な木材といえます。木材の保存性は非常に低いです。切削などの加工容易で、よい仕上がり面がえられます。乾燥の際狂いが出やすいといわれています。

■用途
軽軟で、加工がしやすいことから、器具、玩具、など、さらに最近では民俗家具に使われています。美しい杢の出るものは高く評価されています。観光地などで売っている土産物の茶道具、日用品などにかなり多く使われています。

【特性表】

トチノキ
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.52< 0.15 0.28 74 39 9.3 7.8



<<戻る 国産材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし