財団法人日本木材総合情報センターGo To English Top Page
AND OR
 
木net(きーねっと)〜木と森の情報館
木のあるくらし
木net インタビュー
森を守るモノ選び
木製品展示システム
木材とその技術
木材資料室
出版物の案内
関連するホームページ
当センターの案内
住宅資材情報

space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 国産材 一覧

「ニセアカシア、ブラックローカスト」
(マメ科 Robinia pseudoacacia)


ニセアカシアという名前を聞くと、馴染みが深く、もとから日本に生えていたように思いがちですが、実は北米産原なのです。米国ではブラックローカストと呼ばれています。アパラチア山脈中央部およびオザーク山地などにもともと分布していましたが、広く栽培されるようになり、その後、北米東部、さらには西部にも生育するようになっています。日本には明治8年頃に導入され、その後、植栽されたり、また、野生化したりしています。アカシアの並木という場合は、アカシアといっても、このニセアカシアのことです。

■木材
心材と辺材の色の差ははっきりとしています。心材の色は生材のときは緑色をおびた黄色ですが、大気に長期間曝されていると、褐色になっていきます。辺材は黄白色です。重硬で、気乾比重は0.77です。強度は高いです。一般的にいって、幹の形が悪いので、大きな木材をとるのは難しいでしょう。施作しやすく、また、釘の保持力は高いですが、手工具での加工はやや難しいです。菌に対する抵抗が高く、米国産材のうちでは、最も耐朽性の高い木材の一つといわれています。

■用途
かつては、強さと耐朽性の高いことから、造船用材として英国へ輸出されていました。現在では、フェンスの支柱、枕木、燃料など、さらに工芸品の材料にされています。日本でも国産のニセアカシアが入手出来る地域では、工芸品さらには家具への利用が試みられています。

【特性表】

ニセアカシア
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.77 0.18〜0.21 0.39〜 132 70 17.1

14.1



<<戻る 国産材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし