財団法人日本木材総合情報センターGo To English Top Page
AND OR
 
木net(きーねっと)〜木と森の情報館
木のあるくらし
木net インタビュー
森を守るモノ選び
木製品展示システム
木材とその技術
木材資料室
出版物の案内
関連するホームページ
当センターの案内
住宅資材情報

space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 国産材 一覧

「セン、ハリギリ、栓」
(ウコギ科 Kalopanax pictus)


北海道、本州、四国、九州に、また朝鮮、中国、ソ連に分布しますが、産地としては、北海道が最も有名です。この樹種は、木材としてはセン、樹木としては枝にとげがあることからハリギリと呼ばれます。木材をオニセンとヌカセンと呼んで、2種あるとすることがあります。これが分類学上の違いによるものではなさそうです。オニセンと呼ばれるものは、年輪幅が広く、より重硬で、乾燥などで狂い易いですが、ヌカセンは年輪幅が狭く、より軽軟で、加工し易く、どちらかというと、家具用には後者が好まれているようです。

■木材
年輪の境には大きい道管が環状に配列しているため、年輪がはっきりと見え、肌目は粗くなっています。一般に樹木の成長がよい若い時期に形成された木材では、年輪幅が広くなるので、年輪内に占める環状の道管の部分の割合は少なくなり、繊維の部分の割合が増えます。このことによって、その年輪内の細胞の壁の量が増え、比重が増加することになります。逆にだんだんと樹齢を重ねると年輪幅が狭くなり、逆に比重は低くなります。気乾比重は0.40〜0.52(平均値)〜0.69で、広葉樹材としてほぼ中庸です。心材は淡黄褐色あるいは黄白色で、辺材はやや淡色です。木材の保存性は低く、加工はし易いといえます。とくに年輪幅の狭いものは、より軽軟で、加工し易いため、家具用材としては好まれていますが、あまり軽軟になると脆くなりますので、逆に使いにくくなります。

■用途
家具、合板、器具、建築、下駄(価格の低いもの、ヤマギリと呼ばれる。)かって、センの合板が、米国へ大量に“sen”の名で輸出されたことがあり、一時は米国市場での有名な輸出材の一つとされていました。

【特性表】

セン
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.52 0.17 0.34 74 36 7.4 8.3



<<戻る 国産材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし