財団法人日本木材総合情報センターGo To English Top Page
AND OR
 
木net(きーねっと)〜木と森の情報館
木のあるくらし
木net インタビュー
森を守るモノ選び
木製品展示システム
木材とその技術
木材資料室
出版物の案内
関連するホームページ
当センターの案内
住宅資材情報

space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 国産材 一覧

「アカガシ」
(ブナ科 Quercus acuta )


本州の福島県および新潟県の海岸に近いところから、南へむかって分布し、さらに、四国、九州さらに斎州島、朝鮮半島南部にかけての温暖帯に広く生育しています。日本産のカシ類のうちで最も高いところまで分布している種です。常緑で、樹高20m、直径1mに達し、カシ類の中では大きくなるほうです。日本では、一般的にいった場合、重硬な木材の代表的なものの一として、カシの類の名が挙げられることが多いです。

■木材
心材と辺材は、前者が淡紅褐色から赤褐色で、後者は淡黄褐色ですが、両者の境はあまりはっきりとはしていません。もっとも、重硬な木材の一つで、その気乾比重は0.80〜0.87(平均値)〜1.05です。保存性は日本産のうちでは中庸で、切削などの加工は困難なものの一つといえます。乾燥は容易ではなく、表面の仕上がりはとくによいとはいえません。

■用途
かつては、器具材、車両材、機械材、建築材、枕木、薪炭材、器具柄材、足駄歯、櫓材など重硬な材料の必要な用途に、広い範囲にわたって使われていましたが、需要の変化、他材料の進出、資源の減少などのため、われわれの目に触れる機会が減ってきました。それでも、比較的身近なものとして、木刀、長刀、ゲートボールあるいは屋内の遊具にも使われています。

【特性表】

アカガシ
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.84 0.23 0.43 118 54 19.6 16.7



<<戻る 国産材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし