財団法人日本木材総合情報センターGo To English Top Page
AND OR
 
木net(きーねっと)〜木と森の情報館
木のあるくらし
木net インタビュー
森を守るモノ選び
木製品展示システム
木材とその技術
木材資料室
出版物の案内
関連するホームページ
当センターの案内
住宅資材情報

space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 国産材 一覧

「ブナ、掬」
(ブナ科 Fagus crenata)


北海道南部から本州、四国、九州に分布します。同属の樹種にイヌブナ:F.japonicaがあり、本州、四国、九州に分布しています。かってブナ類は良質材とはされていませんでしたが、蓄積が多いことから、利用技術の開発が精力的に進められた結果、蓄積は非常に少なくなり、現在ではかつて、ブナに頼っていた家具工業はその代替材をさがすことに努めています。

■木材
心材と辺材とも、正常な場合白色ないし淡桃色ですが、しばしば、不斉円形の濃色の部分をもっています。これを不正常な心材ということで偽心材と呼んでいます。この偽心材の部分には、何重にも、縞があり、菊花の模様となることがあります。肌目は精で年輪はどちらかといえばあまりはっきりしていません。放射組織が広く、高いので、板目面ではゴマのような濃い色の点となり、柾目面では帯状の模様(とらふ)となります。保存性が低く、伐採後直ぐに薬剤処理をしないと、変色や腐朽をおこし易いのが難点です。また木材へ防腐剤を注入しにくく、鉄道枕木に使用するときは、材面に刃物ですじをつけて注入します。加工性は中庸で、乾燥によって狂いが出易い樹種です。この木材は曲木にし易い性質があり、その他の樹種では代替しにくいこともあり、曲木家具の代表的なものの一つとなりました。ブナは、家具(とくに脚のついたもの)として大量に用いられて大分枯渇してしまい、熱帯材で代替しようとしていますが、今でも曲木部分についてはブナ多くが使われています。

■用途
家具、器具、合板、漆器木地 玩具、曲木、靴木型、日用品、パルプなどがあります。手作りの木製の台所用品にはブナ製品が多いでしょう。

【特性表】

ブナ
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.65 0.18 0.41 98 44 12.7 11.8



<<戻る 国産材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし