財団法人日本木材総合情報センターGo To English Top Page
AND OR
 
木net(きーねっと)〜木と森の情報館
木のあるくらし
木net インタビュー
森を守るモノ選び
木製品展示システム
木材とその技術
木材資料室
出版物の案内
関連するホームページ
当センターの案内
住宅資材情報

space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 国産材 一覧

「ホオノキ、朴」
(モクレン科 Magnolia obovata)


北海道、本州、四国、九州、沖縄などに分布し、さらに朝鮮、中国中部にもみられます。蓄積は多くはありませんが、よく知られているように葉がおおきいので、森林の中で比較的目につきやすい木です。一般の人にとっては、旅先の旅館などで出される朴葉味噌の葉や学校の工作の時間に手にした木片などを思い出せばホオノキの名前が浮かんでくるのではないでしょうか。

■木材
心材と辺材の境はあまりはっきりしてはいません。前者はくすんだ緑色で、辺材はくすんだ灰色です。年輪はやや明らかです。木理は通直で、肌目は精です。気乾比重は0.40−0.49(平均値)−0.61で、木材は軽軟といえます。保存性の低い木材です。切削などの加工性は非常にしやすく、表面の仕上がりはよいといえます。製品の狂いの少ない木材です。

■用途
肌目が精で、軽軟で、しかも狂いが少ないので、こまかい細工ができるため、彫刻、機械、箱、寄木、建築内装、器具, 刃物の鞘などに使われています。朴歯(下駄)の歯はこのホウノキを使っていて、木の名前がそのまま製品の名前になっています。

【特性表】

ホオノキ
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.49 0.15 0.25 64 34 10.8 7.4



<<戻る 国産材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし