財団法人日本木材総合情報センターGo To English Top Page
AND OR
 
木net(きーねっと)〜木と森の情報館
木のあるくらし
木net インタビュー
森を守るモノ選び
木製品展示システム
木材とその技術
木材資料室
出版物の案内
関連するホームページ
当センターの案内
住宅資材情報

space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 国産材 一覧

「マカンバ、ウダイカンバ、樺」
(カバノキ科 Betula maximowicziana)


北海道から本州北中部、また南千島に分布します。カンバ類にはこの他、ミズメあるいはヨグソミネバリ:B.grossa.ダケカンバ:B ermaniiなどがあり、前者は岩手県以南の本州、四国、九州、後者は北海道、本州北、中部、四国、朝鮮、ソ連沿海州、カムチャッカなどに分布します。カンバ類は北半球に広く分布しており、それぞれの国で重要な広葉樹材の一つとされています。この他にも、山岳地帯の風景の一つとして、忘れられないシラカンバも、もちろんこの仲間です。木材として重要なものはマカンバとミズメですが、ダケカンバもそれらの代替材として用いられています。注意を要するのは、このカンバ類を、とくに用材として用いる場合、業界ではサクラ(カバザクラあるいはミズメザクラ)と呼ぶことが多いことです。もちろんカンバ類ですからサクラ類とは関係がないのですが、このような習慣はすでに明治時代からあります。

■木材
年輪がはっきりせず、木材はかなり均質といえます。気乾比重は0.50〜0.67(平均値)〜0.84:ミズメなどで重硬な木材です。このように均質、重厚な性質が、耐摩耗性が必要で、平らな面がいつまでも保持出来るという用件を満たすため、カンバの類が体育館の床に幅広く用いられます。カンバ類の色を別表に書きました。ミズメ、マカンバなどの心材の保存性は中庸で、加工性は、中庸です。良い仕上げ面が得られます。シラカンバ:B.platyphylla var.japonica は淡色で、耐久性が低く、気乾比重は0.60でより軽軟です。

■用途
家具あるいは建築の内装用としては高級な材料です。器具、床板、合板、靴の木型などに用いられます。シラカンバはアイスクリームの匙や割箸に用いられます。

【特性表】

カンバ類
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.67 0.17 0.31 103 47 13.7

12.7


マカンバ
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.67 0.17 0.31 103 47 13.7 12.7

ミズメ
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.0.72 0.18 0.32 108 49 14.7 13.7

樹種 木材の色
マカンバ 心材の辺材の境界は明らか、前者は淡紅褐色
ミズメ 心材の辺材の境界は明らか、前者は紅褐色
シラカンバ 心材の辺材の境界は明らかではない。淡黄褐色ないし黄白色
ダケカンバ 心材の辺材の境界はとくに明らかではなく、木材の色調は淡褐色



<<戻る 国産材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし