財団法人日本木材総合情報センターGo To English Top Page
AND OR
 
木net(きーねっと)〜木と森の情報館
木のあるくらし
木net インタビュー
森を守るモノ選び
木製品展示システム
木材とその技術
木材資料室
出版物の案内
関連するホームページ
当センターの案内
住宅資材情報

space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 国産材 一覧

「ミズキ」
(ミズキ科 Cornus controversa)


北海道、本州、四国、九州に分布していますが、東京辺でも、低い山地で普通に見られる樹種で、とくに谷沿いでは、広く枝を広げて谷を覆うようにして生えていますので、よく目立ちますから、ハイキングの途中でミズキを見かけた人も多いのではないでしょうか。最近では、こけしがブームになり、そのための材料として優れているため需要が増加しています。このため、天然木を利用するだけでは十分でなく、人工造林をして、こけしの製作に適した木材の採れるミズキを作ろうという試みがされています。

■木材
心材と辺材の色の差はほとんどなく、木材の色は白色、くすんだ白色、淡黄色などです。一般に、こけしの色は白っぽいと考えられていますが、ミズキは、そのなかでも、もっとも白に近い色をしています。早材から晩材への移行が緩やかなため、年輪はあまはっきりとはしていません。肌目は精です。やや重硬で、気乾比重は0.63です。加工性はよいですが、耐朽性は低いです。

■用途
古くから、ろくろ細工用材、印材、漆器木地、寄木細工、象眼、丸物(椀類)木地などに使われています。しかし、最近では、なんといっても、こけし用材としての需要を忘れることは出来ないでしょう。とくに、宮城県の鳴子のこけしの材料はミズキを多く使っていますし、山形県産のこけしの一部にも使われています。箱根細工あるいは家庭用品の中にも使われています。

【特性表】

ミズキ
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.54〜0.65 0.20 0.29 40〜65 38〜51 7.4〜8.1

4.5〜11.2



<<戻る 国産材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし