財団法人日本木材総合情報センターGo To English Top Page
AND OR
 
木net(きーねっと)〜木と森の情報館
木のあるくらし
木net インタビュー
森を守るモノ選び
木製品展示システム
木材とその技術
木材資料室
出版物の案内
関連するホームページ
当センターの案内
住宅資材情報

space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 国産材 一覧

「ミズナラ、楢」
(ブナ科 Quercus crispula)


北海道、本州、四国、九州、さらにサハリン、南千島、朝鮮などに分布しますが、代表的な日本での産地は北海道です。この類の木材は、広葉樹材としては日本のみでなく、欧米諸国においても代表的なものです。フランスのルーブル博物館の展示品の家具のなかには、ヨーロッパ産の同類の木材が使われているものがあります。最近日本においてもミズナラ製の家具に対する需要が高まってきています。これは、たぶん住宅様式の欧風化と本物指向に伴って、ミズナラのもつ木材の味わいが見直されるようになったからでしょう。歴史的にミズナラの類がヨーロッパでは高級棺用材として珍重され、北海道からそのための厚板として古くから輸出されています。木材の少ない日本から海外へ輸出されたものとして珍しい例です。

■木材
心材は褐色で、淡色の辺材からはっきり区別出来ます。年輪の境に沿って大きな道管が環状に並んでいるため、年輪がはっきりとしています。
このような組織のため、成長がよいと木材の比重が高くなり、硬くなります。逆に成長が悪いと、軽軟になります。放射組織が幅広く、高いので、とくに柾目面では、帯状の模様(とらふ)はっきりとあらわれ、家具材に用いたときの大きな魅力となっています。気乾比重の値は6.45〜0.68 (平均値)〜0.90 で重硬です。心材の保存性は中庸で、加工は難しい方です。

■用途
洋風家具、器具、床板、運動具、洋酒樽、造船、木炭、合板、単板、車両などがあります。ウィスキーの樽は、日本はもちろんイギリスやアメリカでもこの類の木材で作られており、日本酒とスギとの間の関係のように欠かかせないものです。

【特性表】

ミズナラ
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.68 0.19 0.35 98 44 10.8 9.8



<<戻る 国産材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし