財団法人日本木材総合情報センターGo To English Top Page
AND OR
 
木net(きーねっと)〜木と森の情報館
木のあるくらし
木net インタビュー
森を守るモノ選び
木製品展示システム
木材とその技術
木材資料室
出版物の案内
関連するホームページ
当センターの案内
住宅資材情報

space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 国産材 一覧

「ミズメ、ヨグソミネバリ」
(カバノキ科 Betula grossa)


本州の岩手県以南、四国、九州に分布しています。この種はカンバのなかでは南方系で、関西より西でも目にすることがあります。この樹種の特徴となっているのは、樹皮にサロメチールによく似た芳香があることです。このことに気づくと、樹皮がサクラのそれによく似ていることとあわせて、簡単にほかから区別することが出来ます。カンバの類は、取引上よくサクラと呼ばれることがありますが、この種の丸太はミズメザクラと名付けられることが多いです。勿論サクラの類とは関係がありません。

■木材
心材と辺材の色の差ははっきりとしています。前者は紅褐色で、後者は黄白色です。心材の色は、マカンバに比較すると赤みが濃いといえます。木理は通直で、肌目はやや精です。気乾比重は0.60−0.72(平均値)−0.84で、重硬な木材です。マカンバの特徴である製品になったときの安定性、さらに、材質の均一性などを、同じようにもっています。切削などの加工性はよく、仕上がりがよいことで知られています。木材の保存性は低く、辺材はヒラタキクイムシの害を受けることがあります。

■用途
マカンバと同じ用途に用いられますが、木がより小さいために、生産される丸太の直径が小さいことが多いです。最も一般的な用途は家具に使われることです。とくに洋家具あるいは洋風の内装用の材料として貴重なものとなっています。

【特性表】

ミズメ
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.72 0.18 0.32 108 49 14.7 13.7



<<戻る 国産材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし