財団法人日本木材総合情報センターGo To English Top Page
AND OR
 
木net(きーねっと)〜木と森の情報館
木のあるくらし
木net インタビュー
森を守るモノ選び
木製品展示システム
木材とその技術
木材資料室
出版物の案内
関連するホームページ
当センターの案内
住宅資材情報

space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 国産材 一覧

「ヤチダモ、タモ」
(モクセイ科 Fraxinus mandshurica)


北海道、本州北、中部、また朝鮮、中国、樺太、シベリアにも分布します。北海道はなかでも産地としてよく知られ、代表的な木材の一つです。この類の木材は有用なものが多く、本州、四国、九州に分布するシオジ:F.spaethiana、北海道、本州、四国、九州、屋久島に分布するアオダモ:F.lanuginosa var.serrataその他があります。また、野球のバット用材として有名な北米産のホワイトアッシュ:F.americanaは同類です。この類の木材の特徴は、世界的に運動具用材として有名なことです。

■木材
年輪の境界に大きな道管が帯状に配列して、環状になっているので、年輪がはっきりしています。このような組織のため成長がよく年輪幅が広いと、比重が高く、重硬となり、成長が悪いと逆に木材は軽軟となります。したがって運動用具に使う場合には強い成長のよいもの、逆に家具用材には加工しやすい成長の悪いものが、それぞれ好まれます。心材は褐色で、辺材は淡黄白です。アオダモはヤチダモより淡色です。木材の保存性は中庸で、加工のし易さは中庸です。気乾比重は0.43〜0.55 (平均値)〜0.74:ヤチダモ、0.62〜0.71 (平均値)〜0.84:アオダモ、0.41〜0.53(平均値)〜0.77:シオジなどです。ヤチダモとシオジは家具、合板用材として日本の代表的な樹種といえます。同類ですが利用のされ方が違っているのがアオダモです。プロ野球選手の使っているバットが日本製であれば、ほとんどがアオダモでしょう。

■用途
家具、器具、合板、内部装飾などがあります。かって木製のテニスラケットが全盛の時期には、この類の木材がほとんど全てに使われていました。

【特性表】

ヤチダモ
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.55 0.17 0.31 93 43 10.8 9.3



<<戻る 国産材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし