財団法人日本木材総合情報センターGo To English Top Page
AND OR
 
木net(きーねっと)〜木と森の情報館
木のあるくらし
木net インタビュー
森を守るモノ選び
木製品展示システム
木材とその技術
木材資料室
出版物の案内
関連するホームページ
当センターの案内
住宅資材情報

space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 国産材 一覧

「ヤナギ類」
(ヤナギ科 Salix spp.)


日本に分布するヤナギの類は、あまり大きくはならず、大きいもので、樹高20m位です。そのなかで、シダレヤナギ(S.babylonica)、バッコヤナギ(S.bakko)などは大きくなる種類です。一般には、河川の流域、低湿地などによく見られる木です。かつて、現在日常的に使われているプラスチック製のスーツケースが普及していなかった時代には、コリヤナギ(S.koriyanagi)の茎を編んで作った柳行季は旅行用としても、収納用としても大変重要な道具の一つでした。したがって、その用途のために、栽培していた処もありました。

■木材
心材と辺材の色の違いがあり、前者は淡褐色から淡桃褐色で、後者は白色です。(バッコヤナギ)。肌目は精で、木理は普通、通直です。軽軟で、気乾比重は0.40〜0.55(バッコヤナギ)、0.50〜0.60(シダレヤナギ)です。

■用途
軟らかく、かつ、肌目が精なため俎板あるいは裁縫の裁ち板等に使われました。小細工類に使われます。珍しい用途としては、ヤナギ類から作った炭が絵画用に適していることです。エノキタケやヒラタケの栽培用の原木として適しているといわれています。火薬の原料として使われます。コリヤナギ以外のヤナギ類でも、その枝を編んで籠などに使うことがあります。

【特性表】

シダレヤナギ
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.41〜0.69 - - 29〜45 23〜25 9.3〜9.7

2.9〜4.5



<<戻る 国産材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし