財団法人日本木材総合情報センターGo To English Top Page
AND OR
 
木net(きーねっと)〜木と森の情報館
木のあるくらし
木net インタビュー
森を守るモノ選び
木製品展示システム
木材とその技術
木材資料室
出版物の案内
関連するホームページ
当センターの案内
住宅資材情報

space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 国産材 一覧

「アサダ」
(カバノキ科 Ostrya japonica )


この属には一種しか含まれていません。北海道の日高、十勝地方に多く、さらに、本州、四国、九州の霧島山にまで分布しています。朝鮮半島からさらに中国にも生育しています。あまり大きくはならず、高さは20mどまりです。本州などでは、この木材の製品に出会うことは少ないでしょう。しかし、北海道では、家具の製造に使われていますので、ずっと馴染みは深いでしょう。

■木材
心材と辺材の色の差ははっきりとしています。前者は濃赤褐色で、後者はやや褐色を帯びた白色です。年輪は、とくにはっきりしているとはいえません。肌目はやや精ないし精です。木理はほぼ通直です。木材は重硬で、気乾比重は0.60〜0.73(平均値)〜0.87です。耐朽性は、とくに高い樹種ではありません。切削などの加工はやや難しいといわれていますが、よい表面仕上げが出来、材面に光沢があります。人工乾燥は、やや難しい程度です。

■用途
建築用材としては、床板、敷居など、さらに、家具類、運動具、日常の道具類、橇、特殊なものとして靴の木型などが知られています。器具の柄も作られます。これからも分かるように、木材の色や材面の感じがよく似ているカンバの類と同じような用途に使われています。

【特性表】

アサダ
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.73 0.23 0.33 108 49 13.7 17.6



<<戻る 国産材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし