財団法人日本木材総合情報センターGo To English Top Page
AND OR
 
木net(きーねっと)〜木と森の情報館
木のあるくらし
木net インタビュー
森を守るモノ選び
木製品展示システム
木材とその技術
木材資料室
出版物の案内
関連するホームページ
当センターの案内
住宅資材情報

space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 国産材 一覧

「ヤマグワ」
(クワ科 Morus bombycis)


北海道から本州、四国、九州、沖縄にかけて分布しています。伊豆諸島にもあります。(ハチジョウグワVar. hatijouensis)。養蚕のために使われているものの中には、ヤマグワの系統のものが多いといわれています。この他に養蚕用として中国原産のトウグワ(Morus alba var. tokuwa)が明治初期に日本に導入されています。ヤマグワの蓄積は非常に少ないこともあり、用途が限られています。

■木材
心材と辺材の色の違いは、非常にはっきりしています。前者は鮮やかな黄褐色ですが、長い期間大気に曝されていると褐色が濃くなっていきます。後者は淡黄白色です。環孔材のため、年輪の境ははっきりと見えます。肌目の粗い木材です。木理は不規則になっていることが多く、そのことによって、材面に杢がでてきます。この杢がでることで、ヤマグワの木材は古くから和家具の材料として好まれてきています。気乾比重は0.52−0.62(平均値)−0.75でやや重硬な木材といえます。切削の加工はやや難しいですが、仕上がり面は美しいです。高い保存性をもっています。

■用途
上述したように色々な美しい杢をもつので(にょりん杢、玉杢、牡丹杢など)、その特徴的な色と組み合わせて化粧的な用途に使われてきています。主として和家具(鏡台にはよく使われています)、指物、彫刻、楽器、旋作物などに使われます。

【特性表】

ヤマグワ
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.62 0.16 0.32 78 36 13.7

6.9



<<戻る 国産材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし