財団法人日本木材総合情報センターGo To English Top Page
AND OR
 
木net(きーねっと)〜木と森の情報館
木のあるくらし
木net インタビュー
森を守るモノ選び
木製品展示システム
木材とその技術
木材資料室
出版物の案内
関連するホームページ
当センターの案内
住宅資材情報

space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 国産材 一覧

「イスノキ」
(マンサク科 Distylium racemosum)


■分布
(C. cuspidata var. sieboldii) 両者の木材は同じようにシイノキとして扱われていることが多いでしょう。前者は本州(関東以西)、四国、九州、沖縄、台湾、中国中南部などに分布しており、照葉樹林の代表的な樹種とされています。後者は本州の福島県および新潟県以南、四国、九州、沖縄、済州島などに分布しています。

■木材
心材と辺材の境界はとくにはっきりしているとはいえません。前者は紅色を帯びた褐色、あるいは紫色を帯びた褐色で、後者はやや紅色を帯びた淡黄褐色ですが、ときに濃色の縞が不規則に出てくることがあります。年輪はあまりはっきりしてはいません。肌目は精で、木理が乱れることがあります。気乾比重は0.75−0.90(平均値)−1.02で、非常に重硬で、イスノキは日本の木材の内で最も重いとされています。保存性の高い木材です。重硬なため、切削などの加工をするのはかなり難しいですが、よい仕上がり面が得られます。

■用途
重く、硬いので、加工をするためには工夫が必要ですが、製品はその特徴を生かしたものが大半です。家具、器具、楽器(三味線、琵琶の撥など)機械、旋作品などです。フローリングもよく知られている用途です。イスノキでつくった木刀も売られています。

■その他
木材の利用法で変わった方法があります。それは風蝕材です。立ち木のまま枯らして、さらに長期間風雨に曝し、これを磨いて床回りに使います。京都では舎利と呼びます。日向ではイスノキの皮を剥いて風蝕材としたものを "スヌケ"と呼び、高価な床柱です。

【特性表】

イスノキ
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.9 0.23 0.43 127 64 17.6

13.7



<<戻る 国産材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし