財団法人日本木材総合情報センターGo To English Top Page
AND OR
 
木net(きーねっと)〜木と森の情報館
木のあるくらし
木net インタビュー
森を守るモノ選び
木製品展示システム
木材とその技術
木材資料室
出版物の案内
関連するホームページ
当センターの案内
住宅資材情報

space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 国産材 一覧

「イタヤカエデ、イタヤ」
(カエデ科 Acer mono)


北海道、本州、四国、九州に分布しており、サハリン、千島、朝鮮、中国東北部と北部にも知られています。日本には20数種あります。さらに、公園や庭園で鑑賞用として植えられることがおおいので、園芸品種も数多くあります。また、おなじ目的で、外国産のカエデ類が導入されています。木材として考えると、このイタヤカエデが代表的なもので、その外はあまり目立ちません。

■木材
カエデの木材は大きく、軽軟な木材と重硬な木材の二つのグループに分けることが出来ますが、イタヤカエデは後者に含まれています。辺材と心材の色の差はほとんどありません。木材の色はやや紅色を帯びた白色〜淡紅褐色です。年輪はどちらかというとやや見にくいといえます。肌目は精ですが、木理は不規則なことが多く、そのために、美しい杢(縮れ杢、波杢、鳥眼杢などがあります)をもつことが多いといえます。また、そのことが切削などの加工を難しくしています。気乾比重は0.58−0.65(平均値)−0.77でやや重硬な木材といえます。曲木のできる樹種です。加工の仕上がりのよい木材です。

■用途
家具、器具、運動用具、建築、楽器などに用いられます。また、コケシの材料としてもよく知られています。

【特性表】

イタヤカエデ
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.65 0.16 0.31 93 44 11.8 11.8



<<戻る 国産材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし