財団法人日本木材総合情報センターGo To English Top Page
AND OR
 
木net(きーねっと)〜木と森の情報館
木のあるくらし
木net インタビュー
森を守るモノ選び
木製品展示システム
木材とその技術
木材資料室
出版物の案内
関連するホームページ
当センターの案内
住宅資材情報

space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 国産材 一覧

「エゴノキ」
(エゴノキ科 Styrax japonica )


北海道(渡島以南)、本州、四国、九州、沖縄、朝鮮などで、広く分布しており、小川のふちなどでよく見られます。木材としての名前は、産地以外ではあまりよく知られていませんが、思ったより、身の回りの色々なものに利用されています。薪炭用に造林をしたところもありました。

■木材
心材と辺材の色の差はありません。どちらかというと白っぽい木材で、やや黄白色ないし淡黄褐色を帯びています。年輪はとくにはっきりとはしていません。肌目は精で、木理は通直です。やや重硬な木材で、気乾比重は0.60〜0.70です。加工は容易です。

■用途
直径があまり大きくはなりませんが、加工がしやすく、しかも、われわれの生活に近い処によく見られることから、伝統的な道具、器具などによく使われています。和傘の先端部、傘の柄、ろくろ細工、玉突きのスチック、樽の呑み口、算盤だま、材の色が薄いので、色付けをするような用途、将棋の駒、木櫛などがあります。最近はこけしがブームになっていますが、ミズキ、イタヤカエデなどにまじってエゴノキが材料として使われていることをご存じでしょうか。エゴノキの炭はガラス器や漆器の研磨につかわれます。

【特性表】

エゴノキ
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.55〜0.63 - - - 43〜49 8.0〜8.6

5.6〜11.2



<<戻る 国産材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし