財団法人日本木材総合情報センターGo To English Top Page
AND OR
 
木net(きーねっと)〜木と森の情報館
木のあるくらし
木net インタビュー
森を守るモノ選び
木製品展示システム
木材とその技術
木材資料室
出版物の案内
関連するホームページ
当センターの案内
住宅資材情報

space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 国産材 一覧

「オニグルミ」
(クルミ科 Juglans sieboldiana)


北海道、本州、四国、九州などに分布していますが、蓄積は多くはありません。どちらかというと、東北地方、北海道などが産地としてよく知られています。造林されることがあります。
オニグルミの木材で日常接することのあるのは、洋風の家具、あるいはフローリングになっているものが大部分です。オニグルミの実は食用になりますが、日本ではクルミの実として売られているのは果実を目的として栽培されているテウチグルミ(J. regia var. orientis)からとられるものです。

■木材
心材と辺材の境界ははっきりとしています。前者はくすんだ褐色で、後者は灰白色です。年輪はとくにはっきりとしているとはいえません。道管の直径が大きいので肌目は粗です。気乾比重は0.42−0.53(平均値)−0.70で、木材は中庸な硬さと重さをもっています。木材の狂いが少なく、靭性があります。切削などの加工は容易で、表面仕上げは良好です。

■用途
この木材の特徴的な用途として銃床がありますが、これは上述の性質をうまく組み合わせたものです。家具、建築、器具、彫刻などの用途が知られています。

【特性表】

オニグルミ
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.53 0.31 0.18 78 41 10.8 9.3



<<戻る 国産材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし