財団法人日本木材総合情報センターGo To English Top Page
AND OR
 
木net(きーねっと)〜木と森の情報館
木のあるくらし
木net インタビュー
森を守るモノ選び
木製品展示システム
木材とその技術
木材資料室
出版物の案内
関連するホームページ
当センターの案内
住宅資材情報

space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 国産材 一覧

「スギ 杉、椙」
(スギ科 Cryptomeria japonica)


本州、四国、九州に分布する日本の代表的な樹種の一つです。最近では、天然生のものは少くなり、それはほとんどが人工造林されたものです。天然のスギの産地として、現在でも、しばしば話題になる地域に秋田地方(アキタスギ)、屋久島(ヤクスギ)などがあります。古くから造林され、北海道南部以南の日本全土にスギの林が見られ、そのうちでも吉野、尾鷲、天竜、日田、飫肥、智頭などの各地方はスギの産地として有名です。

■木材
心材と辺材の色の差は明らかで、前者は桃色から濃赤褐色までかなり幅があり、ときには、黒くなっているものがあります。このように黒いものはクロジンと呼ばれ、美しいとはいえないので、低く評価されています。さらにクロジンのスギは含水率が高いので、利用上も種々問題がおきます。スギの木材の材質は、生産地の範囲が広く、各産地における造林方法が違うため、幅広く変動しています。スギの木材は、特有の芳香をもっていますが、日常それを感じるのは樽酒の木の香り、あるいは、和菓子の箱などのそれでしょう。年輪ははっきりしており、肌目は粗くなっています。
スギの気乾比重は0.30〜0.38(平均値)〜0.45で、日本産の針葉樹としてはやや軽軟といえます。心材の保存性は中庸です。

■用途
建築材(柱、板)、天井板、磨丸太、家具、器具、包装、樽、下駄、割箸(高級品もある)、造船など用途の範囲の広い木材です。古代の住居跡からかなり大量のスギ材が発見されることが多く、いかに古くからわれわれの生活に結びついていたかがわかり、いわば、日本の代表ともいえる木材です。

【特性表】

スギ
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.38 0.10 0.25 64 34 5.9 7.4



<<戻る 国産材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし