財団法人日本木材総合情報センターGo To English Top Page
AND OR
 
木net(きーねっと)〜木と森の情報館
木のあるくらし
木net インタビュー
森を守るモノ選び
木製品展示システム
木材とその技術
木材資料室
出版物の案内
関連するホームページ
当センターの案内
住宅資材情報

space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 国産材 一覧

「ツガ、トガ、栂」
(マツ科 Tsuga sieboldii)


関東以南の本州、四国、九州、屋久島などに分布します。同属にコメツガ:T.diversifoliaがあり、本州中部以北の亜高山地帯および僅かに四国、九州に分布します。モミとともに、比較的低い処で、モミ・ツガ林を形づくっています。近年、伐採もわずかなので、木材として目も触れることは、非常に少ないといえます。

■木材
天然のツガの成長は一般にゆっくりとしているため、年輪の幅が狭く、製材品の材面は、いわゆる糸柾になっています。関西では、ツガが、建築や建具用材として好まれたとのことです。ツガの木材をカンナで削ると、材面に白い粉がみえることがあり、かっては、これが、鉱物質の結晶のためとされていましたが、近年になって、フロコソイドという有機物質であることがわかりました。古くから、ツガが鼠に噛られないといわれて来ているのも面白いことです。心材は、淡桃褐色で、やや色を帯び、辺材はやや淡色です。年輪は、はっきりみえ、粗い肌目をもっています。気乾比重は0.45〜0.50 (平均値)〜0.60で、針葉樹材としては重硬です。保存性は中庸で、乾燥は容易に出来ます。

■用途
建築材、包装、車両、パルプ材、枕木、器具、長押、敷居、鴨居などがあります。かつて、パルプ工業が主として国産材を使っていたころ、モミなどと一緒に原料として用いられました。これは、一般にはあまりツガを建築用材として使う習慣がなかったからで、そのころは、スギがさかんに建築用として用いられていました。そのスギが、現在では、大量に輸入される米国産のツガと厳しい競争をしているのはご承知のことでしょう。

【特性表】

ツガ
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.5 0.17 0.30 74 44 8.8 7.8



<<戻る 国産材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし