財団法人日本木材総合情報センターGo To English Top Page
AND OR
 
木net(きーねっと)〜木と森の情報館
木のあるくらし
木net インタビュー
森を守るモノ選び
木製品展示システム
木材とその技術
木材資料室
出版物の案内
関連するホームページ
当センターの案内
住宅資材情報

space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 国産材 一覧

「トドマツ、椴松」
(マツ科 Abies sachalinensis)


分布は、北海道に限られ、また、南千島、樺太などにもおよんでいます。分布からもわかるように、ソ連から輸入されている木材のなかに含まれています。北海道では、エゾマツとともに、エゾ・トドと一括して呼ばれ、代表的な樹種です。属名からもわかるように、本州に産するモミ:A.frima、シラベ:A.veitchiiなどと同類です。

■木材
本州に産するモミなどと、木材はよく似ています。しかし、トドマツは、木材に、とくに節に一種のくさい臭いがあります。元来、軸方向細胞間道(樹脂道)はありませんが、何かの傷害を受けると、外傷樹脂道が出来ることがあります。年輪がはっきりとしており、肌目は粗くなっています。気乾比重は0.35〜0.44(平均値)〜0.52です。心材と辺材の色の差は、はっきりとせず、ともに白色あるいは黄白色です。比較的欠点が出易く、その種類も多くなっています。とくに目立つのは、水喰(みなくい)といって、心材の部分でも、辺材の部分と同じように、含水率が高くなっている部分がよくあることです。保存性は低いですが、土木用に用いた場合には、エゾマツよりも腐りにくいとされています。加工および乾燥は容易です。

■用途
建築、土木、パルプ材、包装、電柱坑木など、主に北海道で用いられています。北海道では、エゾマツとともに、住宅の柱や板に使われ、ちょうど、本州や四国、九州でのスギのように取扱われてきています。北海道と本州という僅かな距離の違いで、木材の利用のされ方が違うのも興味があります。本州とくに太平洋岸地域ではエゾマツやモミの類が柱などに用いられることは非常に少ないのではないでしょうか。

【特性表】

トドマツ
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.4 0.14 0.35 64 32 6.4 7.8



<<戻る 国産材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし