財団法人日本木材総合情報センターGo To English Top Page
AND OR
 
木net(きーねっと)〜木と森の情報館
木のあるくらし
木net インタビュー
森を守るモノ選び
木製品展示システム
木材とその技術
木材資料室
出版物の案内
関連するホームページ
当センターの案内
住宅資材情報

space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 国産材 一覧

「ネズコ、クロベ、鼠子、黒檜」
(ヒノキ科 Thuja standisii)


本州の北部から中部、さらに中国、四国地方にも分布していますが、その分布の中心は本州中部の山岳地帯です。昔から木曾五木の一つとされてきているのも、木曾地方に多く分布していたからでしょう。しかし、東京のような大都市ではほとんど知られてはいないのではないでしょうか。ところが、一方で、現在われわれの周辺をみると、ベイスギ(T. plicata)という木材があります。これは実はアメリカ産のスギではなくて、このネズコの類です。したがって、われわれは日本のネズコを使わないで、アメリカ産のネズコの類を使っていることになります。

■木材
心材と辺材の境界ははっきりしており、前者はくすんだ黄褐色と褐色などで、後者は黄白色です。早材から晩材への移行はかなり急で、そのため、年輪ははっきりと見えます。肌目は精です。気乾比重は0.30−0.36(平均値)−0.42で、軽軟な木材といえます。切削などの加工は容易ですが、仕上がりは特によいとは言えません。保存性は中庸で、上述したベイスギが保存性の高い木材であるのに比較して、劣っているといえます。

■用途
分布が限られていますので、国内でひろく使われてはいないでしょう。天井板、障子などの建具材、和机、下駄、指物などに使われています。

【特性表】

ネズコ
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.36 0.10 0.19 49 29 5.4 6.9



<<戻る 国産材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし