財団法人日本木材総合情報センターGo To English Top Page
AND OR
 
木net(きーねっと)〜木と森の情報館
木のあるくらし
木net インタビュー
森を守るモノ選び
木製品展示システム
木材とその技術
木材資料室
出版物の案内
関連するホームページ
当センターの案内
住宅資材情報

space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 国産材 一覧

「ヒノキ、桧、扁柏」
(ヒノキ科 Chamaecyparis obtusa)


福島県東南部以南の本州、四国、九州に分布する。天然生としては、木曽、高野山、高知県西部などが、また人工造林としては、尾鷲、吉野、天竜、和歌山の各地方産のものが有名です。スギに次いで造林面積が広く、スギとともに日本の代表的な木材ですが、ヒノキは一般に、より高級なものとされています。なかでも、ヒノキの産地といえば、木曽の名がすぐ思い浮ぶほど、木曽ヒノキは有名です。仏閣や神社を建てるための木材として古くから用いられて来ました。

■木材
心材の色は、淡紅色で辺材はほとんど白色です。これが、白色の木材が好まれる神社仏閣に用いられる理由でしょう。気乾比重は0.30〜0.38(平均値)〜0.45です。1年間に形づくられる細胞の形の変化が少ないため、年輪はあまりはっきりしていません。したがって、肌目が精となり、均質な材料が必要な用途に適します。爼板用にヒノキが使われるのは、この理由です。上手に仕上ると、美しい光沢が出るとともに、特有な芳香があることが、材料としての価値を高めています。心材の耐久性が高く、しかも、よく長期の水湿に耐えます。

■用途
上述のように優れた性質をもつため、非常に多くの用途に、しかも、高品質な材料として使われます。ヒノキ普請の家というと高級な家の代名詞のように感じられるのはそのためでしょう。建築、建具、彫刻(仏像など)木型、曲物、桶、蓄電池のセパレーターなどが知られています。また、神社仏閣の建築には欠くことが出来ません。最近一寸したブームの感がする風呂桶用材も大事な用途でしょう。最近では、大きな木材の必要なときには、外国産の近縁の木材(タイヒ、タイワンスギ:var. formosanaなど)が使われています。

【特性表】

ヒノキ
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.44 0.12 0.23 74 39 7.4 8.8



<<戻る 国産材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし