財団法人日本木材総合情報センターGo To English Top Page
AND OR
 
木net(きーねっと)〜木と森の情報館
木のあるくらし
木net インタビュー
森を守るモノ選び
木製品展示システム
木材とその技術
木材資料室
出版物の案内
関連するホームページ
当センターの案内
住宅資材情報

space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 国産材 一覧

「もみ、モミ」
(マツ科 Abies firma)


本州の中南部から四国、九州、さらに屋久島まで分布します。比較的低い山地にツガと一緒になって、モミ、ツガ林を形つくっていますので、天然の林があるような山歩きの道沿いでよく見かけます。モミの同類のものとして、北海道にトドマツがありますが、その他の地域には、ウラジロモミ、シラベ、アオモリトドマツなどが生育しています(トドマツ参照)。モミの生育地は比較的われわれの生活圏に近いためか、木材用に早くから伐採されることが多く、今では蓄積が大変少なくなっています。かつて東京近辺には、モミが数多く見られ、墓前に供える卒塔婆(そとうば)の製造業があり、かなり繁盛したことが知られています。一般的に、幹の形が悪く、どちらかというと、タケノコ型に近いといえます。

■木材
心材と辺材ともほとんど白色で、そのため、白い木材の好きな日本人によって、種々の身のまわりにある品物にして用いられて来ています。またほとんど臭いがありませんので、食品に接するものにも多く用いられます。また、白木のままで清浄な感じの木材が神聖な感じを与えるということで、冠婚葬祭に関連した道具用によく使われてきていますが、モミはその中の代表的なものといえます。しかし現在では、モミ類の蓄積が減り、ほとんどが、北米産あるいはソ連産の同類の木材によって代替されています。気乾比重は0.35〜0.44(平均値)〜0.52です。年輪内の細胞の形の違いはかなり大きく、年輪がはっきりとしており、肌目は粗くなっています。その他、やに壷、入皮、あてなどの欠点が出易く、大きい節があります。

■用途
建築、建具、包装、器具、棺、卒塔婆(そとうば)、蒲鉾の板、パルプ材などに用いられます。

【特性表】

モミ
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.44 0.12 0.24 63 36 8.3 8.8



<<戻る 国産材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし