財団法人日本木材総合情報センターGo To English Top Page
AND OR
 
木net(きーねっと)〜木と森の情報館
木のあるくらし
木net インタビュー
森を守るモノ選び
木製品展示システム
木材とその技術
木材資料室
出版物の案内
関連するホームページ
当センターの案内
住宅資材情報

space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 国産材 一覧

「イチイ、アララギ、オンコ」
(イチイ科 Taxus cuspidata)


サハリン、千島、北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国東北部、シベリア東部などに分布しており、温帯北部、亜寒帯に見られます。最近では非常に少なくなり、とくに大きいものを見る事は稀になりました。原木の市場に並べられているものをみても、丸太は凸凹で、細く、短いものがほとんどで、他の樹種に比較すると大変見劣がします。
イチイは、古くから宮廷で高い地位にある人々が用いる笏(衣冠束帯に着飾ったひとが手にする細長い板)の材料として良く知られています。高価なため、床柱のような用途も有りますが、むしろ、飛騨高山の一刀彫りのような小さな細工物として目に触れることが多いでしょう。

■木材
心材と辺材の色の差は非常にはっきりしています。前者の色は濃赤褐色で、後者は狭く、淡色です。気乾比重は0.41−0.48(平均値)−0.51とされています。一般に成長が悪いので、年輪の幅は非常に狭くなっています。老齢のものは木理が通直になっています。保存性の高い木材です。切削がしやすいのも特徴の一つです。

■用途
上述したように丸太が小さく、形も悪く、節が多いので、製材の歩留まりが悪く、板や柱として使われることは少なく、大きいものは丸太の形で床柱として使われるのが、せいぜいで、あとは細工物として使われるのが主でしょう。かっては、鉛筆の軸にされたこともあります。

【特性表】

イチイ
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.51 0.20 0.27 69 39 6.9 7.8



<<戻る 国産材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし