財団法人日本木材総合情報センターGo To English Top Page
AND OR
 
木net(きーねっと)〜木と森の情報館
木のあるくらし
木net インタビュー
森を守るモノ選び
木製品展示システム
木材とその技術
木材資料室
出版物の案内
関連するホームページ
当センターの案内
住宅資材情報

space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 国産材 一覧

イチョウ
(イチョウ科 Ginkgo biloba )


イチョウという名前を聞くと、明治神宮の周辺のイチョウの美しい並木道を思い浮べる人はいても、その木材に思いがゆく人は少ないでしょう。よく考えると、大きな木になるのですから、それからは木材が採れても不思議ではないのです。イチョウの木材といってスギやヒノキのように、材木屋で売られているのを見ることはないでしょう。イチョウは葉は広葉樹のように広いですが、裸子植物で、その木材の組織は道管をもたず、その点では針葉樹に近いといえます。中国原産で、日本には古くから、街路樹や庭園樹として植栽され、馴染み深い樹種の一つです。

■木材
心材と辺材の色の差はほとんどありません。やや黄色味を帯びた白色です。早材と晩材の差が明らかではないので、年輪はあまりはっきりとはしていません。したがって、木材は均質です。肌目は精で、木理は通直です。硬さは中庸で、気乾比重は0.55です。加工はしやすく、仕上がりのよい木材です。

■用途
人工造林をするようなことはないので、大量に使われることはありませんが、古くから、使い方を知っているような分野では、この木材の長所をよく利用して使っています。碁盤や将棋盤用としてはカヤよりは、数段廉価ですが、カツラよりは高く評価されていたようです。彫刻(木魚、印判)、漆器木地(越前、若狭、大内:板物)、まな板など、肌目が精で、加工しやすいことを利用した用途が知られています。

【特性表】

イチョウ
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.45〜0.67 - - 26〜46 41〜45 5.2〜6.6 3.6〜5.6



<<戻る 国産材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし