財団法人日本木材総合情報センターGo To English Top Page
AND OR
 
木net(きーねっと)〜木と森の情報館
木のあるくらし
木net インタビュー
森を守るモノ選び
木製品展示システム
木材とその技術
木材資料室
出版物の案内
関連するホームページ
当センターの案内
住宅資材情報

space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 国産材 一覧

「イヌマキ、クサマキ、槙」
(マキ科 Podocarpus macrophyllus)


本州、四国、九州、沖縄に分布しており、さらに台湾、中国大陸南部にもみられます。蓄積は多くありません。また、この属の樹種の数は世界には約80あります。熱帯アジアにも同属のものがあり、それらの木材が小量ではありますが、日本にも輸入されていました。イヌマキは暖かい地域によくみられる樹種で、静岡地方でよくミカン畑、茶畑の周囲に垣根のようにして植えられているのをみることがあります。変種に羅漢槙(Var. maki)があり、あまり大きくはなりませんが、庭木や垣根にされているのでご存じのかたもあると思います。

■木材
心材と辺材の色の差はほとんどありません。木材の色は褐色を帯びた黄色〜暗黄色です。年輪は注意しないと難しい位はっきりとしません。肌目は精で、木理は通直です。気乾比重は0.48−0.54(平均値)−0.65で、針葉樹としてはやや重く、硬い木材といえます。保存性が高く、とくに白蟻にたいして抵抗性があるので、その害のある沖縄では貴重な建築用材です。また、湿気に強いとされています。
切削などの加工はとくに難しいとはいえません。

■用途
建築、器具などに使われています。

【特性表】

イヌマキ
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.54 0.15 0.27 83 34 13.7 7.8



<<戻る 国産材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし