財団法人日本木材総合情報センターGo To English Top Page
AND OR
 
木net(きーねっと)〜木と森の情報館
木のあるくらし
木net インタビュー
森を守るモノ選び
木製品展示システム
木材とその技術
木材資料室
出版物の案内
関連するホームページ
当センターの案内
住宅資材情報

space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 国産材 一覧

「エゾマツ、蝦夷松」
(マツ科 Picea jezoensis)


北海道、南千島、サハリン、沿海州、朝鮮、中国東北部などに分布します。本州に分布するエゾマツに似ているトウヒは変種で、var.hondoensisです。エゾマツというマツのような名がついていても、アカマツのようなマツ類ではありません。北海道では、トドマツと一緒にして、エゾ・トドと呼ばれ、代表的な樹種となっています。上述の分布でもわかるように、ソ連にも産するので、ソ連からの輸出材のうちにも含まれています。北海道では、クロマツと呼ぶことがあります。

■木材
心材と辺材の色の差のないこともありますが、心材が桃色を帯び、長期間大気に触れていると、かなり色が濃くなります。ほとんど、臭いがないのも特徴といえます。軸方向細胞間道(樹脂道)をもってはいますが、材面に“やに”が滲み出てくることはあまりありません。年輪はやや明らかで、精な肌目をもっています。音響に関係した性質が、楽器用材によく合うので、バイオリン、ピアノなどの楽器に使われます。また、スピーカーのコーンに使うパルプ材にもなります。気乾比重は0.35〜0.43(平均値)〜0.52 です。耐久性は低いです。

■用途
エゾマツは、スギ、ヒノキの大量に得られる本州、九州、四国よりも、北海道で主として用いられています。建築、建具、パルプ、木毛、経木さらに上述した楽器用材としても重要です。 北海道の住宅をみますと、それ以外の地域でスギが柱や板に使われるように、エゾマツやトドマツが用いられてきています。

【特性表】

エゾマツ
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.43 0.15 0.29 69 34 6.9 8.8



<<戻る 国産材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし