財団法人日本木材総合情報センターGo To English Top Page
AND OR
 
木net(きーねっと)〜木と森の情報館
木のあるくらし
木net インタビュー
森を守るモノ選び
木製品展示システム
木材とその技術
木材資料室
出版物の案内
関連するホームページ
当センターの案内
住宅資材情報

space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 国産材 一覧

「カヤ、榧」
(イチイ科 Torreya nucifera)


本州、四国、九州、対馬、済州島に分布しており、同じ科のイチイとは異なり、暖帯の林に見られます。東京近辺のハイキングコースになっている山地でも、ときどき見かけることがあります。森林に近い地方では、カヤの名前は古くから果実が食用になるため良く知られています。もともと蓄積が少なく、また成長が悪いため、スギやヒノキのように建築材として使われることはまずないでしょう。

■木材
心材と辺材の違いは少なく、前者はやや褐色を帯びた黄色で、後者は黄白色です。早材から晩材への移行が非常に穏やかなため、年輪はあまりはっきりしません。したがって、肌目は精です。木材の横断面をみると年輪が完全でなく、所々途切れていることが有ります。そのため、カヤの年輪を正確に数えることが出来ないことがあります。これはカヤの木材の特徴の一つといえます。気乾比重は0.45−0.53(平均値)−0.63です。表面の仕上がりは良好で、材面の光沢は高くなります。
耐久性が大変高いので、贅沢な人はカヤで風呂桶を作ったと言われていますが、この頃では、そのような例を見聞したことはないでしょう。白蟻に対しても大変耐久性が高いとされています。

■用途
生産量が少なく、一般には目に触れることは少ないですが、大木から注意深く製材した盤を使って、碁盤を作ることを知っている人は多いでしょう。碁の好きな人にとっては、カヤの碁盤に石を打ったときの碁盤の響きはこたえられないでしょう。

【特性表】

カヤ
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.53 0.14 0.24 78 34 12.3 7.4



<<戻る 国産材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし