財団法人日本木材総合情報センターGo To English Top Page
AND OR
 
木net(きーねっと)〜木と森の情報館
木のあるくらし
木net インタビュー
森を守るモノ選び
木製品展示システム
木材とその技術
木材資料室
出版物の案内
関連するホームページ
当センターの案内
住宅資材情報

space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 国産材 一覧

「カラマツ、落葉松」
(マツ科 Larix leptolepis)


分布するのは、本州中部で海抜高が1000〜2000メートルの地域です。最近では、北海道、東北地方、本州中部の寒冷地帯の造林樹種として注目されるようになり、その造林面積が増加してきました。スギ、ヒノキのように、全国的に知られているものとは違い、現在でもどちらかといえば、産地周辺の地域で利用される量が多いのではないでしょうか。日本に産する針葉樹のうち唯一の落葉樹です。カラマツはその樹形が美しく、柔らかい感じがありますが、木材の方はどちらかというと重硬で荒々しい感じがします。

■木材
心材の色は褐色ですが、若い間は比較的淡色で、大木になると濃色になります。辺材は黄白色です。木理は一般に通直でないことが多いのです。春から夏へかけて形づくられる細胞の形の違いが大きいため、年輪がはっきりとわかり、したがって肌目は粗くなっています。木材には“やに”っぽい臭いがあり、一つの特徴といえます。軸方向細胞間道(樹脂道)をもっていて、“やに”が材面に滲み出て来ます。気乾比重は0.40〜0.50(平均値)〜0.60で、重硬な針葉樹材の一つです。どちらかといえば、利用の際取扱いにくい木材といえます。とくに、若い造林木からの木材は乾燥の際、割れや狂いが出易く、利用する上での大きな問題となっていて、現在多くの研究機関がその解決に努力しています。老齢になって成長がおそくなったようなカラマツは“天カラ”と呼ばれ、造林した若齢木と対照的に高く評価され、銘木として高い値段で取引されます。心材の保存性は中庸ですが、水中での耐久性が高いので、杭丸太として多く利用されます。

■用途
建築(主として表面に出ない部材)、杭、土木用タンネージ、パレット、家具などに、用いられます。

【特性表】

カラマツ
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.5 0.18 0.28 78 44 7.8 9.8



<<戻る 国産材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし