財団法人日本木材総合情報センターGo To English Top Page
AND OR
 
木net(きーねっと)〜木と森の情報館
木のあるくらし
木net インタビュー
森を守るモノ選び
木製品展示システム
木材とその技術
木材資料室
出版物の案内
関連するホームページ
当センターの案内
住宅資材情報

space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 国産材 一覧

「コウヤマキ、高野槙」
(コウヤマキ科 Sciadopitys verticillata)


本州(福島、新潟、中部地方、近畿および四国地方)、四国、九州(大分、宮崎)などに分布する日本固有の樹種です。木曾のようにややまとまってみられる地域もありますが、全体としては蓄積は少ない樹種です。樹形が美しいので、庭木として植えられていますが、どちらかといえば高価なものでしょう。

■木材
心材と辺材の境はややあきらかです。心材は淡黄褐色で、辺材は白色です。後者は、樹木の成長が遅いため、年輪の幅が狭いことが一般的です。年輪が波状になっていることもあります。木理は通直で、肌目は精です。木材には特有の臭気があります。
気乾比重は0.35−0.42(平均値)−0.50で、針葉樹としては、硬さが中庸です。保存性は中庸ですが、水湿にたいしては強いことが知られています。切削などの加工は容易で、その仕上がりは中庸です。

■用途
現在では、非常に少なくなっていますので、一般に目にすることは少ないでしょう。建築、器具等が知られていますが、特殊なものとして、水湿に強いことを利用して風呂桶、流し板などがあります。さらに、古い時代には棺に使われていました。樹皮はマキハダと呼ばれて船、桶などの隙間に充填材として使われています。

【特性表】

コウヤマキ
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.42 0.13 0.23 74 30 5.9 7.8



<<戻る 国産材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし